連載
» 2021年10月01日 05時00分 公開

Azure Virtual DesktopがAzure ADのみの環境に正式対応Microsoft Azure最新機能フォローアップ(158)

Azure Virtual Desktopの環境をAzure ADだけで構築するオプションが正式にサポートされました。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

Active DirectoryドメインやAzure ADドメインサービスが不要に

 Microsoftは2021年9月22日(米国時間)、「Azure Virtual Desktop」の幾つかの機能アップデートを発表しました。その1つが、Azure Virtual Desktopの仮想マシンをAzure Active Directory(Azure AD)に直接的に参加させるオプションの一般提供開始です。

 これまで、Azure Virtual Desktop環境を構築するには、オンプレミス(またはAzure仮想ネットワーク上の)のActive Directoryドメイン環境と、Azure Virtual Desktopに関連付いたAzure ADのディレクトリ同期をセットアップするか、Azure ADと統合されたクラウド側の「Azure ADドメインサービス」を利用する必要がありました(画面1)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。