連載
» 2022年10月11日 05時00分 公開

リソースプールのディスクのI/O統計に関する情報を出力するSQL Server動的管理ビューレファレンス(152)

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、リソースプールのディスクのI/O統計に関する情報を出力する方法について解説します。

[椎名武史@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

SQL Server動的管理ビュー一覧

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で使用可能な動的管理ビューについて、動作概要や出力内容などを紹介していきます。今回は動的管理ビュー「sys.dm_resource_governor_resource_pool_volumes」における、リソースプールのディスクのI/O統計に関する情報を出力する方法について解説します。対応バージョンは、SQL Server(サポートされている全てのバージョン)です。

概要

 SQL Serverではリソースガバナーの機能を使用して、ワークロードが使用するシステムリソースの消費を管理できます。リソースガバナーでは、アプリケーションからの要求をワークロードグループに割り当てます。ワークロードグループが属するリソースプールに、使用できるCPU時間やメモリ量の割合、I/O要求のスループットを設定することで、アプリケーションからの要求で使用されるリソースを制限します。

 「sys.dm_resource_governor_resource_pool_volumes」では、リソースプールのディスクのI/O統計に関する情報を出力します。

出力内容

列名 データ型 説明
pool_id int リソースプールのID
volume_name sysname ディスクボリュームの名前
read_io_queued_total int エンキューされた読み取りI/Oの合計
read_io_issued_total int 発行された読み取りI/Oの合計
read_ios_completed_total int 完了した読み取りI/Oの合計
read_ios_throttled_total int 調整された読み取りI/Oの合計
read_bytes_total bigint 読み取られた合計バイト数
read_io_stall_total_ms bigint 読み取りI/O完了までの合計時間(ミリ秒単位)
read_io_stall_queued_ms bigint 読み取りI/Oキューの合計時間(ミリ秒単位)
write_io_queued_total int エンキューされた書き込みI/Oの合計
write_io_issued_total int 発行された書き込みI/Oの合計
write_io_completed_total int 完了した書き込みI/Oの合計
write_io_throttled_total int 調整された書き込みI/Oの合計
write_bytes_total bigint 書き込まれた合計バイト数
write_io_stall_total_ms bigint 書き込みI/O完了までの合計時間(ミリ秒単位)
write_io_stall_queued_ms bigint 書き込みI/Oキューの合計時間(ミリ秒単位)
io_issue_violations_total int I/O発行違反の合計
io_issue_delay_total_ms bigint スケジュールされた時間と実際のI/O時間との間の合計時間(ミリ秒単位)

動作例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。