正しいクラウドとは? ガートナーが考えるその要点は「クリエーター的なエンジニア」の活躍ガートナーが提言する、注目の9トレンド

ガートナージャパンは、2023年に向けて日本企業が注目すべきクラウドコンピューティングのトレンドを発表した。同社は「クラウドは無数にあるサービス部品の集合体であり、問題はこうしたサービスを駆使できる人材が不足していることだ」としている。

» 2022年11月04日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ガートナージャパンは2022年11月2日、2023年に向けて日本企業が注目すべきクラウドコンピューティングのトレンドを発表した。同社は「クラウドを巡る状況は複雑化、多様化しており、戦略の方向性を明確に打ち出すことが難しくなっている」と説明している。

画像 2023年に日本企業が注目すべきクラウドの主要トレンド(提供:ガートナージャパン

 ガートナージャパンが2023年に向けて注目すべきとして挙げたトレンドは、「クラウドの正しい理解」「ミッション・クリティカル・クラウド」「Newオンプレミス」「ソブリン・クラウド/地政学」「サステナビリティ」「クラウド・ネイティブ/サービス・ファクトリ」「新たなビジネス・アーキテクチャ」「ハイパースケーラーのトレンド」「CoE(Center of Excellence)/CoP(Community of Practice)/人材投資/クラウド戦略」の9つだ。

クラウド戦略の要は「正しい理解」と「人材投資」

 中でも「クラウドの正しい理解」については、クラウドを誤解したままだと重要な判断を誤る恐れがあり、「相当に注意が必要だ」と指摘している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。