「Microsoft Build of OpenJDK」の「April 2023」リリースが公開Microsoftが提供するOpenJDKのLTSディストリビューション

「Microsoft Build of OpenJDK」の最新版となる「April 2023」リリースが公開された。

» 2023年05月08日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2023年4月25日(米国時間)、「Microsoft Build of OpenJDK」の最新版となる「April 2023」リリースを公開したと発表した。新リリースはパッチとセキュリティ更新プログラムを含んでいる。

 Microsoft Build of OpenJDKは、Microsoftによってコンパイル、パッケージ化、テストされるOpenJDK(Open Java Development Kit)プロジェクトのバイナリを指す。長期サポート(Long Term Support:LTS)が提供される無料のディストリビューションだ。

 Microsoft Build of OpenJDKには、JavaのLTS版であるJava 11とJava 17にそれぞれ対応した「OpenJDK 11 LTS」と「OpenJDK 17 LTS」という2つのバージョンがある。これらはOracleのJavaテクノロジー互換キット(TCK)に対してテストされている。

 Java 11(OpenJDK 11)は2018年9月、Java 17(OpenJDK 17)は2021年9月に公開された。Microsoft Build of OpenJDKのOpenJDK 11 LTSは2021年5月、OpenJDK 17 LTSは2021年9月に公開され、最も早いサポート終了日は、前者が2024年9月、後者が2027年9月となっている。

 April 2023リリースの機能強化点と注意点は以下の通り。

新しい実験的な機能

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。