OpenAI、LLMの「GPT-4」および「GPT-3.5」ファミリーの最新モデルをリリース 関数呼び出しなど可能に最新スナップショット「gpt-4-32k-0613」もリリース

OpenAIは、大規模言語モデル(LLM)の「GPT-4」および「GPT-3.5」ファミリーの最新モデルをリリースし、「Chat Completions API」への関数呼び出し機能の追加などのアップデートを紹介した。

» 2023年06月23日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 OpenAIは2023年6月13日(米国時間)、自然言語やコードを理解し、生成できる大規模言語モデル(LLM)の「GPT-4」および「GPT-3.5」ファミリーの最新スナップショットモデルをリリースし「Chat Completions API」への関数呼び出し機能の追加などのアップデートを紹介した。

 現在、限定β版であるGPT-4は、GPT-3.5よりも高性能で、より複雑なタスクをこなせる。チャット用に最適化されているが、Chat Completions APIを使用した従来の補完タスクでも良好に機能する。GPT-4ファミリーの標準モデルは「gpt-4」だ。一方、GPT-3.5ファミリーの中で最も高性能でコストパフォーマンスの高いモデルは、「gpt-3.5-turbo」だ。このモデルもチャット用に最適化されているが、従来の補完タスクでも良好に機能する。

関数呼び出し

 gpt-4とgpt-3.5-turboそれぞれの最新スナップショットモデルである「gpt-4-0613」と「gpt-3.5-turbo-0613」では、開発者が関数を記述し、これらのモデルにその関数を呼び出す引数を含むJSONオブジェクトを出力することをインテリジェントに選択させられるようになった。これは、外部のツールやAPIでGPTの機能をより確実に利用できる新しい方法だ。

 これらのモデルは、ユーザーの入力に応じて関数を呼び出す必要がある場合、それを検出し、関数のシグネチャに準拠したJSONで応答するように微調整されている。開発者はこうした関数呼び出しにより、モデルから構造化データをより確実に取得できる。例えば、以下のようなことが可能になる。

  • 外部ツール(ChatGPTプラグインなど)を呼び出し、質問に回答するチャットbotを作成する
  • 自然言語をAPI呼び出しやデータベースクエリに変換する
  • テキストから構造化データを抽出する

最新スナップショットモデル

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。