連載
» 2023年07月14日 05時00分 公開

ハイブリッドワークを成功させるにはGartner Insights Pickup(310)

ハイブリッドワークに対する期待のピークは、非常に長く続いてきた。だが、いよいよ次の段階に動き出しつつある。今後ハイブリッドワークを成功させるにはどうすればよいのだろうか。

[Tori Paulman, Gartner]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

ガートナーの米国本社発のオフィシャルサイト「Insights」や、アナリストらのブログサイト「Gartner Blog Network」などから、@IT編集部が独自の視点で“読むべき記事”をピックアップして翻訳。グローバルのITトレンドを先取りし「今、何が起きているのか、起きようとしているのか」を展望する。

 ハイブリッドワークは長らく、Gartnerのハイプサイクルで言うところの「『過度な期待』のピーク期」にあった。

 その間に、企業はこう考えるようになっていた。「リモートワークを成功させたツールが、ハイブリッドワークも成功させる。オフィス環境はニーズを満たすだろうし、ハイブリッドワークの成功とはどんなものかビジョンを持っている」

 ハイブリッドワークは「『過度な期待』のピーク期」に、非常に長くとどまっていた。だが、いよいよ次の段階に動き出しつつあり、正直ほっとしている。

 2021年7月のことを思い出していただきたい。9月にはオフィスに戻ることができるだろうと思っていた。だが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のデルタ型がそれを押し戻した。2021年11月にも、2022年1月の復帰を予想した。だが、間もなくオミクロン型が猛威を振るい、この予想も外れた。

 その後、COVID-19の感染拡大がようやく落ち着き、テレワークからハイブリッドワークへの移行が進んできた。もっとも、この取り組みが始まってまだ日が浅かったことから、ハイブリッドワークへの期待は高止まりしていた。

ハイブリッドワークは今後「幻滅期」に

(出所:Gartner)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。