ニュース
» 2023年07月14日 08時00分 公開

「基幹システムのモダナイゼーション」が追い込み期に突入 IDC3年後には7割の基幹システムがクラウドに移行

IDC Japanは、国内企業のIT投資動向に関する調査結果を発表した。2023年はIT投資が拡大する見込みで、「基幹システムのモダナイゼーションが重要なフェーズに入る」という。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2023年7月12日、国内企業のIT投資動向と基幹システムの稼働環境動向などに関する調査結果を発表した。これは2023年4月に企業のCIO(最高情報責任者)や情報システム部門長、それに準じる管理者を対象に、国内企業のIT投資動向と基幹システムの稼働環境動向などについて調査したもの。

IT予算は増加傾向

 調査結果によると「IT投資を増加させる」という企業の割合が「減少させる」という企業の割合を9.4ポイント上回った。IT投資を増やす理由について聞くと、「ビジネス規模の拡大」「新規システム開発の増加」「経済状況」が上位に並んだ。なお、2022年の調査では、IT投資を減少させた企業の方が、増加させた企業を上回っていた。

画像 2022年度と2023年度の年間IT予算の増減割合(提供:IDC Japan

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。