連載
» 2023年09月19日 05時00分 公開

企業向けの新しい「Microsoft Edge for Business」提供開始、何ができるのか? 個人向けとの違いは?企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内(21)

Microsoftは2023年8月21日(米国時間)リリースのMicrosoft Edge バージョン116から、新しい「Microsoft Edge for Business」の一般提供を開始しました。Microsoft Entra ID(旧称、Azure Active Directory)のアカウントのプロファイルでサインインすると、Microsoft Edgeのアイコンと機能が自動的にMicrosoft Edge for Businessに切り替わります。

[山市良テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内

これまでのMicrosoft Edge for Business

 Microsoftが数年前にChromiumベースの新しい「Microsoft Edge」の提供を開始した直後から、「Microsoft Edge for Business」は存在しました。ただし、これまでは常に最新バージョンを提供するコンシューマー(個人)向けのMicrosoft Edgeのダウンロードサイトに対し、Microsoft Edge for Businessは企業向けのダウンロードサイトという意味合いが強く、企業向けにはチャネル(安定版、拡張安定版など)とビルドを選択してのダウンロードとポリシー管理用テンプレートを提供してきました(画面1)。

画面1 画面1 これまでのMicrosoft Edge for Businessは、企業向けにバイナリとポリシー管理テンプレートをダウンロード提供するだけの違いだった

新しいMicrosoft Edge for Businessの外観と新機能

 このダウンロードサイトの区別に変わりはありませんが、Microsoft Edge バージョン116からは新しい「Microsoft Edge for Business」の提供が始まりました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。