ランサムウェアは半年で約13倍に増加 フォーティネットが“2023年上半期の脅威”を振り返る「フォーティネット グローバル脅威レポート 2023年上半期版」を発表

フォーティネットジャパンは、「フォーティネット グローバル脅威レポート 2023年上半期版」を発表した。「ランサムウェアを検知する組織の減少や、APTグループの活動のトレンドなどを観測した」としている。

» 2023年09月19日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 フォーティネットジャパンは2023年9月14日、「フォーティネット グローバル脅威レポート 2023年上半期版」を発表した。同社は「レポートの分析を早期警告システムとして利用することで、セキュリティリーダーによるセキュリティ戦略やパッチ適用の判断が容易になる」としている。

画像 2023年上半期のセキュリティまとめ(提供:フォーティネットジャパン

ランサムウェアは増加、攻撃を検知した組織数は減少

 レポートでは「ランサムウェアの傾向」「エクスプロイトの動向」「APT(Advanced Persistent Threat)グループの活動」などについて触れている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。