ニュース
» 2023年09月28日 08時00分 公開

「クラウドが止まるようなことはないだろう」とリスクを軽視する経営層は多い ガートナークラウド前提のレジリエンスとは

ガートナージャパンは、クラウドへの移行が進むIT基盤のレジリエンスに関する見解を発表した。ITによって発生するビジネスの停滞を軽減するには「可用性と迅速なリカバリー性を両立させ、向上させることが重要だ」としている。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ガートナージャパンは2023年9月27日、クラウドへの移行が進むIT基盤のレジリエンスに関する見解を発表した。

画像

クラウドの障害にDRの施策は必要か

 企業のITシステムをクラウドに移行する動きは活発になっている。クラウドは素晴らしい可能性を秘めているが、完全無欠ではなく、しばしば停止する事態が発生している。そのため、もしクラウドが停止したとしてもビジネスへの影響を抑える仕組みが必要となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。