GoogleはCPUの新たな脆弱性「Reptar」をどのように発見したのか「CPUに影響を与える脆弱性は増加傾向にある」

GoogleはIntelのCPUに影響を与える新しい脆弱性「Reptar」の調査結果を公開した。Reptarについては既に回避策が展開されている。

» 2023年12月04日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Googleは2023年11月15日(米国時間)、IntelのデスクトップPC、モバイルおよびサーバCPUに影響を与える新しい脆弱(ぜいじゃく)性「Reptar」の調査結果を公開した。Googleの情報セキュリティエンジニアリングチームがこの脆弱性をIntelに報告し、Googleの公表と同日にIntelは脆弱性を公表した。既にReptarについて回避策が展開されており、Google社員と顧客は脆弱性被害を回避しているという。

 Googleは2023年、ハードウェアシステム全体のCPUに影響を与える脆弱性の数が増加していることを確認しているという。これらの脆弱性のうち最も注目すべき2つは、Googleの研究者が発見し2023年8月に公開された、「Downfal」と「Zenbleed」で、それぞれIntelとAMDのCPUに影響を与えた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。