ニュース
» 2023年12月25日 08時00分 公開

日本在住の外国人ソフトウェア開発者、年収中央値は850万円 TokyoDev平均給与が最も高いプログラミング言語はKotlin

TokyoDevは日本在住で外国籍のソフトウェア開発者を対象に年収、就労形態、仕事で使用しているプログラミング言語やフレームワーク、ツールなどを調査した「2023 TokyoDev Developer Survey」を発表した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 TokyoDevは2023年11月29日(米国時間)、日本在住の外国人のソフトウェア開発者を対象に年収、就労形態、プログラミング言語やフレームワーク、ツールなどを調査した「2023 TokyoDev Developer Survey」を発表した。TokyoDevは外国人ソフトウェア開発者向けに日本での就職支援サービスを提供している企業。

 同調査は2023年10月13日〜2023年11月6日に実施され、日本在住のソフトウェア開発者713人から回答を得た。回答が多かった上位5カ国は、米国(20.9%)、フランス(7.8%)、英国(6.6%)、日本(5.3%)、カナダ(5%)だ。

 ソフトウェア開発者の主な属性は、バックエンド(38.6%)、フルスタック(35.4%)、フロントエンド(25.4%)、エンジニアリングマネジャー(11.5%)、クラウドインフラエンジニア(10.7%)。

 調査結果のハイライトは次の通り。

年収

 回答者の年収は、600万円〜890万円が最も多く、年収中央値は前年比100万減の850万円だった。

ソフトウェア開発者の年収(提供:TokyoDev) ソフトウェア開発者の年収(提供:TokyoDev)《クリックで拡大》

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。