コロナ5類移行でテレワーク制度はどうなった? 全ての世代で9割以上が「継続したい」と回答パーソルキャリアが2023年11月のテレワーク実態調査結果を発表

パーソルキャリアは、テレワークに関する調査結果を発表した。それによると、テレワークの導入率は上昇傾向にあり、8割以上の企業がテレワークの継続を予定していることが分かった。

» 2023年12月04日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 パーソルキャリアは2023年11月29日、ビジネスパーソンと企業の人事担当者を対象に実施したリモートワーク(テレワーク)に関する調査結果を発表した。それによると、テレワークの実施頻度は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の5類移行後に減少しているものの、制度の導入率は上昇傾向にあることが分かった。

テレワークを継続できなくなったら約6割が「転職を考える」

 COVID-19の5類移行前にテレワークを導入していた企業の割合は57.4%。一方、2023年11月現在テレワークを導入している企業の割合は66.2%で、導入率は8.8ポイント上昇した。業種別に見ると、5類移行前と後の差が大きいのは、「IT、通信」で16.9ポイント増加している。次いで「小売、流通」が14.8ポイント増、「建設、不動産」が13.8ポイント増だった。

画像 5類移行前と2023年11月現在のテレワークの導入率(提供:パーソルキャリア)

 テレワークを導入する企業は増えているものの、実施頻度は低下傾向にあった。5類移行前と比べると「週に1日程度」または「週に2日程度」と回答した企業が増え、「週に3日程度」「週に4日程度」「週に5日程度」が減った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。