ニュース
» 2024年01月31日 19時00分 公開

Microsoft、「Azure Quantum Development Kit」のv1.0を公開 VS CodeでQ#プログラミングができる拡張機能も利用可能にコード編集機能やリソース見積もり機能など従来型QDKを大幅改良

Microsoftは、量子アルゴリズムの開発、改良を支援する「Azure Quantum Development Kit」のv1.0を公開した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2024年1月12日(米国時間)、「Azure Quantum Development Kit」(以後、QDK)のv1.0を公開した。QDKは、量子コンピューティングプログラムを実行したり、最適化問題を解決したりする際に役に立つAzure Quantum サービスの開発キットだ。さまざまな量子シミュレーターやマシンをターゲットとした量子プログラムを作成、実行できる。

 「QDK v1.0は従来のSDKを大幅に構築し直したバージョンだ」とMicrosoftは述べており、v1.0に到達したことで以下のように改善されたとしている。

  • フル機能のブラウザ体験
  • プラットフォーム間のインストールを大幅に簡素化
  • 最大100倍のパフォーマンス向上
  • 包括的なコード編集機能
  • 量子プログラムの開発および修正時に新たな洞察を得るためのデバッガ
  • エディタで直接実行できる強力なリソース見積もり機能
  • Azure Quantumサービスとの統合

 Microsoftは、「Visual Studio Code」(以後、VS Code)でQDKの拡張機能を公開しており、ローカルマシンでVS Codeを使用している場合は、拡張機能をインストール後に利用できる。拡張機能の実行後は、.qs形式のQ#ファイルを開いてコーディングを開始できる。

 拡張機能は「VS Code for the Web」でも機能する。https://vscode.dev/quantum/playground/にアクセスすると、拡張機能がプリインストールされたVS Codeのインスタンスと、幾つかの一般的な量子アルゴリズムがプリロードされた仮想ファイルシステムを利用できる。

QDKの拡張機能(提供:Microsoft) QDKの拡張機能(提供:Microsoft)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。