ニュース
» 2024年02月07日 08時00分 公開

「イノベーションを起こすチーム」の作り方 ガートナージャパンが3つのステップで説明エグゼクティブリーダーがすべきこととは

ガートナージャパンは、エグゼクティブリーダーがイノベーションを主導するために押さえておくべき3つのステップを発表した。「不確実な時代にイノベーションを追求するエグゼクティブリーダーは、自らが次のディスラプターとなることを目指すべきだ」としている。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ガートナージャパンは2024年2月5日、エグゼクティブリーダーがイノベーションを主導するために押さえておくべき3つのステップを発表した。同社は、絶え間なく変化する昨今の労働環境の中でうまくかじ取りをするために、エグゼクティブリーダーはイノベーションを加速させる必要があると指摘している。

 だが、イノベーションを阻害する要因(障壁)に悩むITリーダーは多いようだ。イノベーション推進に関わるITリーダーを対象にしたGartnerの調査によると、社内人材の能力や社内のリスク選好度、組織文化などが「自社のイノベーション活動に影響を及ぼしている」という。

画像 イノベーションの障壁(提供:ガートナージャパン

「教育」と「権限」、そして「ルールを破ること」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。