生成AIの可能性を開花させるには――ボトムアップイノベーションが不可欠Gartner Insights Pickup(336)

生成AIに注目が集まる中、企業の経営幹部は「このテクノロジーによってどうすれば実際に価値を生み出せるか」を理解しようと躍起になっている。まだ不明確な生成AIのリスクプロファイルを評価しながら、その基盤となっているテクノロジーを基礎から学んでいるところだ。

» 2024年02月02日 05時00分 公開
[Brian Prentice, Gartner]

ガートナーの米国本社発のオフィシャルサイト「Insights」などのグローバルコンテンツから、@IT編集部が独自の視点で“読むべき記事”をピックアップして翻訳。グローバルのITトレンドを先取りし「今、何が起きているのか、起きようとしているのか」を展望する。

 生成AIは目覚ましい進化を遂げているが、まだ成熟途上のテクノロジーであることを念頭に置く必要がある。その上で、野心的なデジタル企業にとっては、生成AI市場における新しいカテゴリーを創出し、支配する大きな機会が生まれていることを認識する必要がある。

 生成AIについては、業務改善に活用できるテクノロジーとしてのみ考えるのではなく、自社がこのテクノロジーでどうすれば市場をリードできるかを考えなければならない。

 可能な限り幅広くイノベーションの取り組みを進め、差し迫ったリスクを管理する必要性との間で、適切なバランスを取る必要がある。

 トップクラスの大規模言語モデル(LLM)は、大幅改訂のたびに大きく改善されている。

 競争環境は非常にダイナミックだ。LLMの商用化のメカニズムはちょうど形成されつつあるところで、オープンソース製品が商用生成AIの市場価値に与える影響も未知数だ。主要なLLMプロバイダーを取り巻くパートナーのエコシステムも発展途上にある。

 さらに、政府の規制も整備が始まったばかりだ。政府機関の管轄の違いによって、規制アプローチに大きな違いも生じている。

 市場が未成熟なことから、ほとんどの企業はまだ何が可能かを探っている。だが、それよりも、生成AIの効果的な活用への貢献を考えなければならない。

 同時に、自社をテクノロジーユーザーとしてのみ考え、ベンダーから提供される生成AIソリューション関連のリスクにばかり目を向けてはならない。

 生成AIの効果的な活用への貢献を考えることで、企業は独自のイノベーションにより、価値を最大化する可能性が開ける。

急ピッチで進む生成AIイノベーション

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。