Docker、2024年版年次開発者調査レポートを発表 開発チームが最も苦労しているのは開発前の「計画」や「見積もり」セキュリティのシフトレフトが開発チームにとってストレスの原因に

Dockerは、アプリケーション開発の現状に関する年次開発者調査「The 2024 Docker State of Application Development Report」の結果を発表した。開発者が使用するツール、アプリケーション開発プロセス、課題、業界動向に関する意見、開発者コミュニティーへの関与などを明らかにしている。

» 2024年06月14日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Dockerは2024年6月11日(米国時間)、アプリケーション開発の現状に関する2回目の年次開発者調査の結果をまとめたレポート「The 2024 Docker State of Application Development Report」(Docker 2024 アプリケーション開発の現状レポート)を発表した。

 Dockerユーザーを中心としたこの開発者調査は、2023年秋に世界中の1300人以上の開発者を対象にオンラインで実施された。

 調査結果は、885人の回答に基づいており「アプリケーション開発の現状」「アプリケーション開発におけるAI(人工知能)の役割の拡大」「アプリケーション開発におけるセキュリティ」を主要テーマとして、開発者が使用するツール、アプリケーション開発プロセス、課題、業界動向に関する意見、Dockerの使用状況、開発者コミュニティーへの関与などを明らかにしている。

 Dockerはこの調査結果のうち、開発者におけるAIの導入、利用状況を「Docker AI Trends Report 2024」としてまとめ、2024年4月に発表している。

 調査結果のハイライトは以下の通り。

開発環境におけるクラウド依存度の高まり

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。