News : @ITのニュースから、テクノロジーとトレンドを探る

@ITのニュースから、テクノロジーとトレンドを探る

icon
「GPT-4」がベース、取り組みの成果や課題を明らかに:

OpenAIは同社の「ChatGPT」における応答の誤りを発見する「CriticGPT」を発表した。生成AIが生成AIの誤りを見抜く意義や、構築方法を解説した。(2024年07月20日)

新着News

news065.jpg
リモートアクセスとVPNの制限を推奨:

CISAは、安全なネットワークアクセスのために企業が実施すべき最新セキュリティソリューションとベストプラクティスのガイダンスを発表した。(2024年7月19日)

news047.jpg
生成AI需要の後押しで前年比7.5%増になると予測:

Gartnerの最新の予測によると、2024年の世界IT支出は前年比で7.5%増加し、5兆2600億ドルに達する見通しだ。(2024年7月19日)

news046.jpg
「ツールがあっても使いこなせない」といったケースも:

DNPは「公開IT資産監視運用サービス」の提供を開始した。サイバー攻撃を受けるリスクが高い企業のインターネット公開サーバやVPN機器、クラウドサービスなどの公開IT資産のセキュリティ監視業務を支援する。(2024年7月19日)

news024.jpg
ベンダーロックインや切り替えコストなどの注意点も:

TechTargetは「O/Rマッピングツール」に関する記事を公開した。O/Rマッピングは、Javaからデータベースに接続するのによく使われる手法だ。O/Rマッピングにはさまざまなツールがあるため、どのツールを使用するかは慎重に比較検討する必要がある。(2024年7月19日)

news067.png
それぞれのメリットを解説:

TechTargetは「git pull」と「git fetch」の違いを解説する記事を公開した。主な違いは、git pullではリモートリポジトリの変更が作業ディレクトリに直接コピーされるのに対し、git fetchでは作業ディレクトリへのコピーが行われない点たが、それぞれをどう使い分ければいいのか。(2024年7月18日)

news081.jpg
「リポジトリの履歴」が見過ごされている可能性を指摘:

Aqua Security Softwareは公式ブログで、「GitHub」「GitLab」「Bitbucket」「Azure Repos」などのソースコード管理プラットフォームに、従来のシークレットスキャンツールでは見落とされる可能性のあるシークレット漏えいのリスクがあるとして注意を喚起した。(2024年7月18日)

news057.jpg
「Enterprise Linuxビルドの開発と提供を加速させる」:

OpenELAは、「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)互換のLinuxディストリビューションを構築するISV、IHV、プロセッサメーカー、独立系開発者向けに、RHELの新バージョンのリリースから数日以内に、最新ソースを提供する取り組みを開始した。(2024年7月18日)

news053.jpg
無料で利用できる「Free版」も用意:

ソラコムは、IoTアプリケーション向けローコード開発サービス「SORACOM Flux」の提供を開始した。同社は「機器から取得したデータや画像データと、生成AIによる分析、意思決定を組み合わせたアプリケーションを開発できる」としている。(2024年7月18日)

news067.jpg
AIが「Lorem ipsum」を自動置換し、より現実的なデザインに:

デザインツールのFigmaは、6つの生成AI機能を追加する「Figma AI」を発表した。Figma AIはβ版として、全ユーザーに向けて順次提供される予定だ。(2024年7月17日)

news064.png
クラウド開発者の使用率が増加傾向、その割合は:

Omdiaはサーバレスコンピューティング市場の調査レポートを発表した。これによると、サーバレスコンピューティングの市場規模は190億ドルに達しているという。(2024年7月17日)

news051.jpg
2028年まで平均4.9%成長:

IDC Japanは、国内IT市場の予測データを発表した。2024年は既存システムの見直しと新規ビジネス展開を目的としたIT支出が拡大しているという。(2024年7月17日)

news048.jpg
技術者向け、生成AIベースのサービス:

Amazon Web Services(AWS)は、自然言語を使ってエンタープライズグレードのアプリケーションを作成できる生成AIベースのサービス「AWS App Studio」(プレビュー版)を発表した。(2024年7月17日)

news054.jpg
実態は多くの生成AIがオープンではない?:

生成AIの「オープン」「オープンソース」は本当なのか。オランダのラドバウド大学は、文章や画像を生成する46の生成AI(40の大規模言語モデルと6つの画像生成モデル)について、14の基準でオープン性を検証した論文を公開した。(2024年7月16日)

news041.jpg
「サイバーセキュリティスキルギャップレポート 2024年版」を発表:

フォーティネットは、「サイバーセキュリティスキルギャップレポート 2024年版」を発表した。企業は「セキュリティ侵害が発生する要素の一つにサイバースキルギャップがある」と考えていることが分かった。(2024年7月16日)

news036.jpg
「Atom」や「Tree-sitter」の開発者によるプロジェクト、GitHub Copilotにも対応:

Zed Industriesは、オープンソースのRust製コードエディタ「Zed」のLinux版を公開した。(2024年7月16日)

news063.png
Android Studio内のデザインをAIでコード変換、修正:

GoogleはGoogle AI StudioとGeminiを使い、Android Studio内でアプリのデザインをコードに変換する方法を公式ブログで紹介した。本記事ではそこで紹介されたGoogle AI StudioとGeminiを活用する3つの方法を紹介する。(2024年7月13日)

news083.jpg
ランサムウェア対策でも注目される“概念”:

「ゼロトラスト」の概念の提唱者として知られるジョン・キンダーバーグ氏が来日し、ゼロトラストを巡る誤解や、ゼロトラストの進め方を解説した。(2024年7月12日)

news079.jpg
マイクロサービスか、モノリスか? 選ぶ際のポイント:

アプリケーションの設計者や開発者は、マイクロサービスが常に優れた選択肢だと仮定するのではなく、マイクロサービスとモノリスを慎重に選ぶ必要がある。アプリケーションのアーキテクチャを決める際に考慮すべきポイントを整理する。(2024年7月12日)

news061.png
IDC調査、予想:

IDCによると、2024年第2四半期における従来型PCの世界出荷台数は、前年同期比3.0%増の6490万台となった。(2024年7月12日)

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。