連載
» 2008年09月29日 00時00分 公開

5分で絶対に分かるワークライフバランス5分で絶対に分かる(4/6 ページ)

[大塚万紀子,ワーク・ライフバランス]

3分 − 社会全体で必要なワークライフバランス

 現在、社員が安心して休業を取得でき、復職すればまた昇進のチャンスが与えられる制度・風土を備えた企業が、果たしてどれだけあるでしょうか。

 15年後までに、チームメンバーが休んだり短時間勤務を選択したりしても一定の成果を出していける働き方・マネジメント手法を確立できなければ、日本企業と日本経済は立ち行かなくなるでしょう。そうならないためにも、いまから対策をきちんと打っておくことが大切です。

 ワークライフバランスの問題は、もはや一企業の問題ではありません。自社でどんなにワークライフバランスに取り組んでも、社員の配偶者の会社にまったく理解がなければ、結局のところ家庭における協力が得られず、ワークライフバランスの実現が進まなくなってしまうからです。

 社員から、社員の配偶者、そして親や子どもなど周囲の人すべてが働く環境を同時に変えていくことが必要なのです。つまり、企業を取り巻くすべての環境=社会全体を、ワークライフバランス型にしていくことが重要になります。

 そのために、皆さん1人1人が取り組めることは何でしょうか。「4分 − いまからできる! ワークライフバランス実現のコツ」では、すぐに実践できるワークライフバランス実現のコツをいくつか紹介します。

 何か特別な方法があるわけではありません。非常に基本的なことですが、つい忘れてしまいがちなものばかりです。この機会に、ぜひチャレンジしてみてください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。