連載
» 2009年09月29日 00時00分 公開

JUnit/FindBugs/PMDなどを総観できるQALab/Limyユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!(8)(3/3 ページ)

[岡本隆史,@IT]
前のページへ 1|2|3       

Cobertura

 Coberturaにより、ラインカバレッジとブランチカバレッジの結果を表示します。

図8 カバレッジの表示画面 図8 カバレッジの表示画面

 各クラスを選択すれば、コード中のどの部分が選択されていないか簡単に確認できます。

図9 ユニットテストにより実行されなかったコードの表示 図9 ユニットテストにより実行されなかったコードの表示

PMD-CPD

 PMD-CPDにより、ソースコード中の重複したコードを検出して表示します。重複したコードと場所が一目で分かります。

図10 PMD-CPDにより検出された重複されたコード 図10 PMD-CPDにより検出された重複されたコード

JavaNCSS

 JavaNCSSにより、コードのメトリクス情報を表示します。

図11 JavaNCSSのよるメトリクス情報の表示 図11 JavaNCSSのよるメトリクス情報の表示

 サンプル画面では、コードの複雑性が高いメソッドとJavadocが記述されていないメソッドに対して赤字で警告が表示されています。

FindBugs

 FindBugsにより検出されたバグの可能性のあるコードが表示されます。

図12 FindBugsにより検出された違反の一覧 図12 FindBugsにより検出された違反の一覧

 違反を検出したコード上の位置(行数)も表示されていますが、リンクは無効になっています。FindBugsのEclipseプラグインを利用すれば、Eclipse上で違反が発生した個所へジャンプできます。

 PMDやCheckStyleの結果についても同様にEclipseプラグインと併用すると便利です。それぞれのEclipseプラグインの詳細は、前述の記事「Eclipseで使える静的テストツール」をご参照ください。

思わぬコーディングの悪癖も発見!?

 今回紹介したQALabで採用されているツールは一般的によく使われるツールも含んでいるので、一部のツールを、すでに何らかの形で導入しているプロジェクトも多いと思います。しかし、すべてのツールを導入しているプロジェクトや、時系列のレポートを作成しているプロジェクトは少ないでしょう。

 Eclipse LimyプラグインのQALab実行機能を利用すれば、多彩なレポートが簡単に作成できるので、一度利用してみることをお勧めします。レポートを視覚的に見ることによって、ソースコードの保守性の向上に気を使うようになったり、いままで気に書けなかった思わぬコーディングの悪癖なども発見できるかもしれません。

 レポートを作成して、役に立たなかったとしても使わなければよいだけなので、導入に伴うリスクもほとんどありません。ぜひ一度利用してみてください。


「ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!」バックナンバー
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。