連載
» 2013年05月24日 16時30分 公開

Java SE 8、Java EE 7、JavaFX、Java Embeddedはどうなる?Java Day Tokyo 2013まとめレポート(1)(2/4 ページ)

[山本裕介,株式会社サムライズム]

3Dの表現力は段違い、採用企業が増加―― JavaFX Strategy

 続いて、JavaFXの今後について語るのはVice PresidentであるNandini Ramani氏。

JavaFXの今後について語るNandini氏

JavaFXの現状

 Windowsを皮切りに対応プラットフォームを拡大してきたJavaFXは、すでに多くの企業で採用実績があり今後の広がりに期待しているとのこと。

JavaFXをすでに採用している企業

 また現在オープンソース実装となっているOpenJFXを使うことでOS X/Mac OS X用のアプリケーションとしてパッケージしてAppStoreへリリースすることもできるのでぜひ試してほしいとのことだ。サーバサイドでは確固たる地位を確立しているJavaだが、JavaFXを手掛かりにデスクトップやモバイルに進出したいという強い想いが見えた。

OpenJFXを使って開発されたEnsemble。すでにAppStoreでダウンロードできる

 次いで、JavaFXの3Dや印刷対応、Linux向けリリースも予定しているScene Builder1.1に触れながらJava SEと歩調を合わせたロードマップを示し、今後応用可能な範囲はさらに広がっていくことを伺わせた。

Java SEと歩調を合わせるJavaFXのロードマップ

 JavaFXは現在オラクルが主導して仕様策定・実装を進めているがJava SE 9リリースのタイミングでJCPを通じて標準化することになるという。

JavaFX 3Dデモ

 JavaFXのエバンジェリストであるJim Weaver氏は最新の事例やデモを披露した。

「Surface」を使ってJavaFX最新デモを披露したJim Weaver氏。

 デモに使ったのはWindowsのタブレット端末「Surface」。最近開発者にはMacが人気だが、Windowsやタッチパネル対応アプリケーションも作ってほしいという想いが垣間見えた。

 最初にJavaFX 3Dの応用例として見せたのはJavaOne 2012でも紹介したnavis社の事例だ。倉庫のコンテナを3Dでビジュアライズしたもので、モデリングはプロが慣れ親しんでいるMayaで行っているとのことだ。

倉庫の状況を3D表示する事例(MOV形式動画、クリックするとQuickTimeプレイヤーで再生)

 3D CGは別段新しくはない技術だがマルチプラットフォームのアプリケーションをシンプルに作れるのはJavaならではだ。

 続いてJavaFXの技術者Jasper Potts氏がJavaFX 3Dで表現する、さまざまな形状、ライティングといったプロセスを説明した。

JavaFX 3Dのレンダリングプロセス

 コード例からテクスチャのマッピングやバンプ(凹凸)、光源、カメラワークといった表現が驚くほど簡単に実装できることが分かる。

テクスチャを適用するコード例
テクスチャやバンプ(凹凸)表現の美しさを披露(MOV形式動画、クリックするとQuickTimeプレイヤーで再生)

 最後に紹介したのは、Java FXコミュニティのサイトだ。多くのサンプルコードや技術ブログ、プレビューバージョンのリンクなどがあり、ぜひ購読や投稿をしてほしいと促した。そして最新のJava 8やJavaFX 3Dの実装はプレビューリリースが、すでに利用できるので今すぐ試してほしいと日本で流行のネタを使って呼び掛けた。

日本ならではの呼び掛け

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。