連載
» 2016年04月12日 05時00分 公開

集計表をビジュアル化する「ピボットグラフ」の作り方新社会人の必須知識 「Excel ピボットテーブル」超入門(7)(2/4 ページ)

[薬師寺国安,PROJECT KySS]

ピボットグラフに「データラベル」を表示し、「デザイン」を変更する

 グラフには、凡例が入っていると視認性が増す。図8で作成したグラフに「データラベル」も追加してみよう。

 作成されたピボットグラフを選択すると、右上に「+」アイコンが表示される。これをクリックすると「グラフ要素」のメニューが表示される(図9)。

photo 図9 「グラフ要素」のメニュー

 グラフ要素のメニューから「データラベル」にチェックを入れると、“データラベルをどんなスタイルで入れるか”のサブメニューが表示される。今回は「データの吹き出し」を選んでみよう(図10)。

photo 図10 「吹き出し」スタイルのデータラベルを追加した

 グラフのデザインは、「+」アイコンの下にある「筆」アイコンから手軽に変更できる。テンプレートから好みのデザインや色を選んでほしい(図11)。

photo 図11 「筆」アイコンから、棒グラフのデザインを変更できる

ピボットグラフの種類を変更して「グラフの情報量を増す」

 ピボットグラフへさらに情報を追加してみよう。ここでは、冒頭で作成した図2のピボットテーブルへ、「月別集計」の項目も追加することにする(図12)。

photo 図12 「月別の売上」の情報も追加したピボットテーブル

 この集計表を一目で分かるようグラフにするならば、どんなピボットグラフが適当だろうか。例えば、月別の売上を積み上げた合計を棒グラフで表現する「積み上げグラフ」はいかがだろう。

 Excelメニュー「ピボットテーブルツール」タブ→「分析」→「ピボットグラフ」からメニューを開き、グラフテンプレートから「積み上げ縦棒」を選ぶ(図13)。これで、商品別の売上と月別の売上の構成比が一目で分かるようになった。

photo 図13 「積み上げグラフ」を作成した

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。