連載
» 2016年09月29日 05時00分 公開

Docker Composeを使ったRocketChatのインストールと基本的な使い方OSSチャット基盤RocketChat入門(2)(3/3 ページ)

[伴地慶介,三菱総研DCS]
前のページへ 1|2|3       

投稿にリアクションする

 投稿にはリアクションをすることができます。いわゆる「イイネ!!」機能です。

図14 投稿にリアクションする1
図15 投稿にリアクションする2

文字を装飾する、投稿内で改行する

 投稿で文字を装飾することができます。投稿フォームにもヘルプが表示されていますが、主に以下のような装飾が可能です。また、投稿内での改行は、「Shift」+「Enter」キーで可能です。

表2 文字の装飾
表現 書き方
太字 *○○○
斜体 _○○○_
取り消し線 ~○○○~
インラインコード `○○○`
マルチライン ```○○○```
キャプション
図16 文字を装飾する、投稿内で改行する

スラッシュコマンドを使う

 Slackの目玉機能であるスラッシュコマンドですが、RocketChatでも使えます。スラッシュコマンドとは、「/(スラッシュ)+コマンド」で実行できる、ショートカットです。例えば、「/invite {ユーザー名}」で、そのチャンネルにユーザーを招待できるなど、いろいろなことがコマンド1つで可能です。

 使えるスラッシュコマンドは投稿フォームに「/(スラッシュ)」のみ入力することで確認できます(なお、2016年8月現在、Slackでは使えますが、RocketChatでは使えないスラッシュコマンドが幾つかあります)。

図17 スラッシュコマンド

やっておきたい初期設定

 ここでは、構築後にぜひやっておきたい初期設定を紹介します。これらの設定は必須ではありませんが、参考にしてください。

投稿できるファイルの種類を設定する

 RocketChatでは、デフォルトの設定だと投稿できるファイルの種類に制限があり、Excelなどのファイルが投稿できません。投稿できるファイルの種類は、RocketChatの管理画面から設定できます。

図18 投稿できるファイルの種類の設定1

図19 投稿できるファイルの種類の設定2

アバター画像を設定する

 自分のアバター画像を設定することができます。ぜひ自分好みのアバター画像を設定してください。

図20 アバター画像の設定1

図21 アバター画像の設定2

画面レイアウトをカスタマイズする

 RocketChatの画面のレイアウトは管理画面から変更可能です。ただし、2016年8月現在、画面レイアウトについてアカウントごとの設定をすることはできません。

図22 画面レイアウト設定1

図23 画面レイアウト設定2

次回は、RocketChatと外部サービス連携

 今回は、RocketChat環境を実際に構築し、チャットなどの基本的な使い方について学びました。ぜひご自身の環境に構築してみて、RocketChatを使ってみてください。

 次回は応用編として、RocketChatと外部サービス連携について解説しますので、お楽しみに。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。