連載
» 2016年11月25日 05時00分 公開

「パスワードのない世界」を実現する「Windows Hello for Business」のオンプレ展開をリアルレポート(その5)vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(64:特別編)(2/2 ページ)

[山市良,テクニカルライター]
前のページへ 1|2       

Azure AD Connectで「デバイスの書き戻し」オプションを有効化する

 次に、Azure AD Connectのディレクトリ同期の構成をカスタマイズして、「デバイスの書き戻し」オプションを有効化します。具体的な手順は以下の通りです。

(1)Azure AD Connectをインストールしたサーバのデスクトップにある「Azure AD Connect」をダブルクリックして、「Azure AD Connectウィザード」を実行します。

(2)「追加のタスク」ページで「同期オプションのカスタマイズ」を選択し、「次へ」をクリックします。

(3)「Azure ADに接続」ページで、Azure ADのテナントの管理者アカウントの資格情報を入力して「次へ」をクリックします。

(4)「ディレクトリの接続」ページでは何も変更せず、「次へ」をクリックします。

(5)「ドメインとOUのフィルタリング」ページで、必要に応じて同期対象をフィルタリングします。「選択したドメインとOUの同期」を選択する場合は、同期対象のユーザーやグループを含む組織単位(OU)やコンテナに加えて、「RegisteredDevices」コンテナを必ず同期対象として選択してください。

(6)「オプション機能」ページで「デバイスの書き戻し」オプションを有効にし、「次へ」をクリックします(画面2)。なお、「デバイスの書き戻し」と「パスワードの書き戻し」(クラウド側でのパスワード変更をオンプレミスに同期する)は、Azure AD Premium P1(またはP2)ライセンスが割り当てられたユーザーに対してのみ使用可能です。

画面2 画面2 「デバイスの書き戻し」オプションを有効化する

(7)「書き戻し」ページで「次へ」をクリックします。

(8)「構成の準備完了」ページで「インストール」をクリックし、構成の完了と同期処理の開始を実行します。

ドメイン参加済みWindows 10の自動登録をグループポリシーで有効化する

 ドメインに参加済みのWindows 10コンピュータを自動的にデバイス登録させるには、「グループポリシー」で次のポリシーを有効にした「グループポリシーオブジェクト(GPO)」を作成し、組織単位(OU)へのGPOのリンクやセキュリティフィルターを利用して、対象のWindows 10コンピュータに適用します(画面3)。

コンピューターの構成\ポリシー\管理用テンプレート\Windows コンポーネント\デバイスの登録\ドメインに参加しているコンピューターをデバイスとして登録する有効


画面3 画面3 ドメイン参加済みWindows 10コンピュータを自動的にデバイス登録するためのポリシー

 また、Windows Hello for Businessのプロビジョニングを開始するように、以下のポリシーを有効にします(画面4)。

コンピューターの構成\ポリシー\管理用テンプレート\Windows コンポーネント\Windows Hello for Business\Windows Hello for Businessの使用有効


画面4 画面4 Windows Hello for Businessのプロビジョニングのためのポリシー

 オプションで次のポリシーを構成すると、TPM(Trusted Platform Module)を搭載するコンピュータでのみWindows Hello for Businessのプロビジョニングを行うように強制することが可能になります。

コンピューターの構成\ポリシー\管理用テンプレート\Windows コンポーネント\Windows Hello for Business\ハードウェアのセキュリティデバイスを使用する有効


 オプションで次のポリシーを構成すると、スマートフォンを使用してWindows Hello for Businessのロックを解除できるようになります。

≪コンピューターの構成\ポリシー\管理用テンプレート\Windows コンポーネント\Windows Hello for Business\スマートフォン サインイン\スマートフォン サインインの使用:有効


 オプションで次の場所にあるポリシーを構成すると、Windows Hello for Businessのプロビジョニングで必須となるPINの要件を詳細にカスタマイズできます。例えば、「PINの最小文字数(既定は4桁)」「1文字以上の小文字の使用」「1文字以上の大文字の使用」「特殊文字の使用」「有効期限」などを強制できます。ここで構成したポリシーは、PIN設定時の「PINの要件」に反映されます。

コンピューターの構成またはユーザーの構成\ポリシー\管理用テンプレート\Windows コンポーネント\Windows Hello for Business\PINの複雑さ


プライマリー認証方法として「Microsoft Passport認証」を有効にする

 最後に、社内リソースへのアクセスにWindows Hello for Businessによる認証を利用できるように、AD FSのプライマリー認証方法として、エクストラネット(Webアプリケーションプロキシ経由の接続)とイントラネットの両方で「Microsoft Passport認証」を有効化します(画面5)。

画面5 画面5 プライマリー認証方法として「Microsoft Passport認証」を有効化する

 なお、「Microsoft Passport認証」は、Windows Hello for Businessの認証をサポートする、Windows Server 2016からサポートされるAD FSの新しいプライマリー認証方法です。

 Windows Server 2016のAD FSでは、プライマリー認証および多要素認証の両方で「Azure Multi-Factor Authentication(Azure MFA)」を標準サポートしており、Azure ADとディレクトリ同期された環境で利用できます。

 Windows Server 2012 R2の場合は、Azure MFAに対応するためにAzure MFA Serverをオンプレミスに展開する必要がありましたが、Windows Server 2016では不要です。次のドキュメントで説明されている方法で、Windows PowerShellのコマンドラインを実行することで有効化できます。

 Azure MFAを有効化すると、例えば登録済みデバイスからのアクセスはWindows Hello for Businessで認証し、登録されていないデバイスからのアクセスにはAzure MFAを要求するということが簡単に実装できます。

 次回は、Azure AD参加PC/ドメイン参加PCのセットアップとエクスペリエンスを解説します。

筆者紹介

山市 良(やまいち りょう)

岩手県花巻市在住。Microsoft MVP:Cloud and Datacenter Management(Oct 2008 - Sep 2016)。SIer、IT出版社、中堅企業のシステム管理者を経て、フリーのテクニカルライターに。マイクロソフト製品、テクノロジーを中心に、IT雑誌、Webサイトへの記事の寄稿、ドキュメント作成、事例取材などを手掛ける。個人ブログは『山市良のえぬなんとかわーるど』。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。