連載
» 2017年01月26日 05時00分 公開

これでもう怖くない、Git/GitHubにおけるリモートリポジトリの作成、確認、変更、更新時の基本5コマンドこっそり始めるGit/GitHub超入門(9)(2/3 ページ)

[平屋真吾,クラスメソッド]

リモートリポジトリを登録する

 「ローカルリポジトリを作成する」で作成したリポジトリにGitHub上のリモートリポジトリを登録する作業を行います。

  • リモートリポジトリが登録済みかを確認――git remote -vコマンド

 まずは「git remote -v」コマンドを使用して、登録済みのリモートリポジトリを確認してみます。当然ですが、現時点では何も表示されません。

$ git remote -v
  • リモートリポジトリを登録――git remote addコマンド

 「git remote add <リモート名> <リポジトリURL>」コマンドを使用してリモートリポジトリを登録しましょう。「<リポジトリURL>に存在するリモートリポジトリ」が「<リモート名>という名前」で登録されます。

 GitHub上のリポジトリのURLは「git@github.com:<ユーザー名>/<リポジトリ名>.git」という形式になります。<ユーザー名>はユーザー名に置き換えてください。

$ git remote add origin git@github.com:username/hello-github.git
  • 再度、登録済みか確認

 再度「git remote -v」コマンドを使用すれば、リモートリポジトリが登録されたことを確認できます。

$ git remote -v
origin  git@github.com:username/hello-github.git (fetch)
origin  git@github.com:username/hello-github.git (push)

リモートリポジトリに反映する――git pushコマンド

 ローカルリポジトリの内容をリモートリポジトリに反映します。

 「git push <リモート名> <ブランチ名>」コマンドを使用します。<リモート名>にはリモートリポジトリ登録時に付けた名前を指定します。<ブランチ名>には反映先のブランチ名を指定します。

 以下のコマンドを実行すると、ローカルリポジトリの「master」ブランチの内容が、リモートリポジトリ「origin」の「master」ブランチに反映されます。

$ git push origin master
Counting objects: 3, done.
Writing objects: 100% (3/3), 230 bytes | 0 bytes/s, done.
Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0)
To github.com:username/hello-github.git
 * [new branch]      master -> master

 リポジトリのページへ戻り更新してみましょう。ローカルリポジトリの内容が反映されているはずです。

図7 リポジトリページ

README.mdファイルとは

 リポジトリのルートに「README.md」という名前のファイルを配置すると、図7のようにリポジトリページのファイル一覧の下にファイルの内容が表示されます。

 「README.md」ファイルを配置することによって、リポジトリに関する説明を来訪者に伝えることができます。例えば、ソフトウェアライブラリのリポジトリであれば、ソースコードをビルドする前に必要な環境構築手順や、クラスの使用例などの説明が記述されます。

 また、拡張子「.md」は「Markdown形式」の文書用の拡張子です。ファイルの内容をMarkdown形式で記述することによって、文章を構造化することができます。今回、「README.md」ファイルの内容は、「# hello-github」にしました。「# <文章>」という記述はHTML<h1>タグ相当の見出しとして扱われます。

 Markdown形式の記述は、イシューやプルリクエストのコメントでも使えます。GitHubで利用可能な記法は以下のページで解説されています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。