行くと決めたら最短距離――23歳、UIデザイナーの「大学不要論」まだ君は間に合う! 現役エンジニアに聞く、学生のときにやっておくべきこと(13)(2/3 ページ)

» 2017年06月07日 05時00分 公開
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

学校で学ぶものとは別物、仕事として学んだUIデザイン

 デザイン専門学校への進学を志してからというもの、河野さんは本を読んだり、「ドットインストール」をはじめとした学習サイトを活用したり、独学でスキルを身に付けようと試行錯誤してきた。初めのころは「検索して出てきたPHPの勉強会にHTMLすら知らないのに参加し、別の参加者にいろいろ教えてもらいました」ということもあった。

 だが「インターンとして採用していただいて、仕事としてUIデザインをやってみると、スキルの伸びがまるで違うことが分かりました。学校と社会は全然違うと痛感しました」と振り返る。

 特に、趣味としてのデザインと仕事としてのUI/UXの違いは大きかった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。