連載
» 2021年08月05日 05時00分 公開

Web版Zoom/Teams/Meetの音量を個別に調整するには【テレワーク自由自在】Tech TIPS

WebブラウザでZoomやMicrosoft Teams、Google Meetによるオンラインミーティングをしているとき、音量調整がままならなくて困ったことはないだろうか? Windows 10でミーティングの音量だけを調整する方法を紹介する。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

Web版のオンラインミーティングサービス 音量調整のスライダーがどこにもない…… Web版ミーティングサービスの出力音量「だけ」を調整するには?

対象:Windows 10、Web版Zoom、Google Meet、Web版Microsoft Teams


 テレワーク(リモートワーク)中に「Zoom」や「Google Meet」(以下、Meetと略)、「Microsoft Teams」(以下、Teamsと略)などのミーティングアプリを使ってオンラインミーティングをしていると、相手の声が小さい、あるいは逆に大きいので、出力音量(再生ボリューム)を調整したいことがしばしばある。

 ところが、Web版のZoomやTeams、Meet(PWA版を含む)のようにWebブラウザで実行するタイプのミーティングサービスの場合、どこをどう探しても音量調整の機能が見当たらない。

 かといってWindows 10の通知領域(インジケーター領域)にあるスピーカーアイコンで音量調整をすると、他のアプリの音量も変わってしまう。結果として、ミーティングの音声はよく聞こえるけど、Windows 10の通知音などが大きくてうるさい、というアンバランスな状況になりがちだ。

 そこで本TIPSでは、Windows 10+Web版ミーティングサービスを対象として、このような状況に陥ったときに、メイン(マスター)の音量は変えずにミーティングの出力音量(再生ボリューム)を個別に調整する方法を紹介する。

Web版ミーティングサービスの出力音量を個別に調整するには

 Windows 10でMeetやWeb版Zoom、Web版Teamsの出力(再生)音量を調整するには、それを実行しているWebブラウザに対して、[Windowsの設定]アプリから設定する必要がある。その手順は以下のとおりだ。

  1. スタート]メニューの歯車アイコンをクリックして[Windowsの設定]アプリを起動し、[システム]−[サウンド]とクリックする(コマンドラインで「ms-settings:sound」を実行してもよい)
  2. サウンド]の右ペインを下へスクロールして、「サウンドの詳細オプション」欄にある[アプリの音量とデバイスの設定]をクリックする
  3. マスター音量」よりさらに下に各アプリの音量調整用スライダーが表示されるので、ミーティングサービスを利用しているWebブラウザのスライダーを左右に動かして、適切な音量に調整する
1.[スタート]メニューの歯車アイコンをクリックして[Windowsの設定]アプリを起動 2.[システム]をクリック Web版ミーティングサービスの出力音量を個別に調整するには(1/3)
3.[サウンド]を選択 4.[アプリの音量とデバイスの設定]をクリック Web版ミーティングサービスの出力音量を個別に調整するには(2/3)
5.ミーティングサービスを利用しているWebブラウザのスライダーを動かして適切な音量に調整 全アプリの音量を変えるスライダーは触らない。 Web版ミーティングサービスの出力音量を個別に調整するには(3/3)

 もし「アプリの音量とデバイスの設定」で同じWebブラウザのスライダーが複数現れた場合は、1つずつスライダーを動かしてミーティングの出力音量が変わるスライダーを見つける必要がある。

 この方法で音量を調整すると、同じWebブラウザで利用する他の音声再生サービスの音量も変わってしまうものの、その他のアプリの音量は変えずに済む。

「ヘッドセット」ではなく「ヘッドフォン」へ音声出力している場合にも有効

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。