ニュース
» 2021年08月31日 08時00分 公開

2023年入社予定の学生が「仕事で使用したい言語」はPython レバテックがトレンド調査の結果を発表「プログラムは大学の講義で初めて学んだ」が約6割

レバテックは、エンジニア志望で就職活動中の2023年入社予定の学生を対象に実施した、プログラミング言語のトレンド調査の結果を発表した。今後仕事で使用したい言語のトップはPythonだった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 レバテックは2021年8月27日、プログラミング言語のトレンド調査の結果を発表した。それによると、就職活動中の学生が今後仕事で使用したい言語のトップは、2020年の調査と同じくPythonだった。

画像 仕事で使いたいプログラミング言語(出典:レバテック

 この調査は新卒向け就職支援エージェント「レバテックルーキー」にて、エンジニア職を志望する2023年卒業予定の大学生を対象に実施したもの。214人から有効回答を得た。

「プログラミングで大学から勉強を始めた」が最も多い

 初めてプログラミングを学んだ時期について聞いたところ、85.3%の学生が「大学に入学してから」と回答した。「高校生のとき」は12.3%、「中学生のとき」は1.8%、「小学生のとき」は0.6%だった。レバテックは「小学校でプログラミング教育が必修化されたため、今後プログラミングを学習し始める年齢は若年化する」と分析する。

 大学在学中に学んだ言語については「C/C++」と回答した割合が62.0%(複数回答、以下同)で最も高く、次いでPython(54.6%)、Java(42.9%)だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。