連載
» 2021年12月02日 05時00分 公開

【 Disable-ADAccount 】コマンドレット――Active Directoryオブジェクトを無効にするWindows PowerShell基本Tips(28)

本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「Disable-ADAccount」コマンドレットを解説します。

[国井傑,株式会社ソフィアネットワーク]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Windows PowerShell基本Tips」のインデックス

連載目次

 本連載では、Windows PowerShellの基本的なコマンドレットについて、基本的な書式からオプション、具体的な実行例までを分かりやすく紹介していきます。今回は、Active Directoryユーザーやコンピュータなどのオブジェクトを無効にする「Disable-ADAccount」コマンドレットです。

Disable-ADAccountコマンドレットとは?

 「Disable-ADAccount」は、PowerShellを利用してActive Directoryユーザーやコンピュータなどのオブジェクトを無効にするコマンドレットです。休職/退職したユーザーや入社前のユーザーなど、一時的に利用不可とするユーザーをコマンドレットで簡単に無効化できます。

Disable-ADAccountコマンドレットの書式

Disable-ADAccount [オプション]


Disable-ADAccountの主なオプション

オプション 意味
-Identity 無効にするアカウントを指定する。省略可能


一時的に利用しなくなったActive Directoryユーザーを無効にする

 Disable-ADAccountコマンドレットは、「-Identity」オプションで指定したユーザーを無効にできます(画面1)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。