連載
» 2022年01月17日 05時00分 公開

【 New-SelfSignedCertificate 】コマンドレット――証明書を作成するWindows PowerShell基本Tips(29)

本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「New-SelfSignedCertificate」コマンドレットを解説します。

[国井傑,株式会社ソフィアネットワーク]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Windows PowerShell基本Tips」のインデックス

連載目次

 本連載では、Windows PowerShellの基本的なコマンドレットについて、基本的な書式からオプション、具体的な実行例までを分かりやすく紹介していきます。今回は、自己署名証明書を作成する「New-SelfSignedCertificate」コマンドレットです。

New-SelfSignedCertificateコマンドレットとは?

 「New-SelfSignedCertificate」は、PowerShellを利用して自己署名証明書を作成するためのコマンドレットです。証明書は本来、認証局に依頼して作成しますが、内部的な利用目的で証明書が必要な場合などには、このコマンドレットで簡単に作成できます。

New-SelfSignedCertificateコマンドレットの書式

New-SelfSignedCertificate [オプション]


New-SelfSignedCertificateの主なオプション

オプション 意味
-Subject 証明書の発行先となる名前を指定する。省略可能
-DNSName 証明書の発行先となる名前を指定する。省略可能
-CertStoreLocation 証明書の保存先を指定する。省略可能
-NotAfter 証明書の有効期限を指定する。省略可能
-KeyExportPolicy 証明書のエクスポートの可否を指定する。省略可能


ユーザー用自己署名証明書を作成する

 New-SelfSignedCertificateコマンドレットで証明書を発行する場合、自己署名証明書に設定する発行先の名前には「-Subject」オプション、保存先となるストアの場所の定義には「-CertStoreLocation」オプションをそれぞれ指定します(画面1)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。