連載
» 2022年02月08日 05時00分 公開

【 Connect-AzureAD 】コマンドレット――PowerShellコマンドレットでAzure Active Directoryに接続するWindows PowerShell基本Tips(30)

本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「Connect-AzureAD」コマンドレットを解説します。

[国井傑,株式会社ソフィアネットワーク]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Windows PowerShell基本Tips」のインデックス

連載目次

 本連載では、Windows PowerShellの基本的なコマンドレットについて、基本的な書式からオプション、具体的な実行例までを分かりやすく紹介していきます。今回は、「Azure Active Directory」(Azure AD)に接続する「Connect-AzureAD」コマンドレットです。

Connect-AzureADコマンドレットとは?

 「Connect-AzureAD」は、PowerShellを利用してAzure ADに接続するためのコマンドレットです。Azure ADの管理操作はWebブラウザ画面で行うのが一般的ですが、繰り返し操作を行う場合などには、PowerShellコマンドレットでAzure ADにアクセスして操作した方が効率的です。

 なお、Connect-AzureADコマンドレットはWindows標準のコマンドレットではないため、本連載第19回で解説した「Install-Module」コマンドレットで「Install-Module AzureAD」コマンドレットを実行して、事前にコマンドレット群(モジュール)をインストールしておく必要があります。

Connect-AzureADコマンドレットの書式

Connect-AzureAD [オプション]


Connect-AzureADの主なオプション

オプション 意味
-Credential Azure ADに接続するための資格情報を指定する。省略可能
-TenantId 接続先となるAzure ADのテナントを指定する。省略可能
-CertificateThumbprint 資格情報の代わりに証明書を利用してAzure ADに接続する。省略可能
-ApplicationId 接続先となるAzure ADのアプリケーションIDを指定する。省略可能


資格情報を指定してAzure ADに接続する

 Connect-AzureADコマンドレットでAzure ADに接続する際には、「資格情報」を指定する必要があります。事前に「Get-Credential」コマンドレット(本連載第22回を参照)を利用して資格情報を指定しておけば、Connect-AzureADコマンドレット実行時に資格情報をあらためて指定する必要がなくなります(画面1)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。