連載
» 2021年12月06日 05時00分 公開

Windows 11のエクスプローラーを機能豊富なWindows 10風に戻す【上級者向け】Tech TIPS

Windows 11のエクスプローラーは、リボンインタフェースがなくなり、シンプルなメニューに変わった。そのため、Windows 10のエクスプローラーではできたことができなくなっている。そこで、レジストリを設定して、Windows 10風のエクスプローラーに変更しよう。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 11


Windows 11のエクスプローラーは機能が少なくなったと思ったら Windows 11のエクスプローラーは機能が少なくなったと思ったら
Windows 11のエクスプローラーは機能が整理されて、Windows 10で行えていたことができなくなっている。そこで、使い慣れたWindows 10風のエクスプローラーに戻そう。

 「Windows 11」のエクスプローラーを起動すると、Windows 10のリボンインタフェースがなくなり、シンプルなメニューに変わっていることに気付くだろう。Windows 10の「リボン」に慣れていると、Windows 11のエクスプローラーでは、PowerShellを管理者権限で起動できなかったり、ファイルを添付した電子メールを作成できなかったりと不便を感じることがある。Windows 11でも、Windows 10風のエクスプローラーを使いたいという人も多いのではないだろうか。

 実は、Windows 11でも、Windows 10と同様のリボンインタフェースを採用したエクスプローラーが残っている。[スタート]メニューの[すべてのアプリ]−[Windowsツール]を選択し、[Windowsツール]フォルダを開いてみよう。この[Windowsツール]フォルダをアドレスバーの左側にある[↑]アイコンを何度かクリックして、フォルダを上がると、Windows 10風のエクスプローラーで[デスクトップ]フォルダが表示される。

Windows 11にもリボンインタフェースのエクスプローラーが実装されている?(1) Windows 11にもリボンインタフェースのエクスプローラーが実装されている?(1)
[スタート]メニューの[すべてのアプリ]で[Windowsツール]を選択し、[Windowsツール]フォルダを開く。アドレスバーの左側にある[↑]アイコンを数回クリックしてみよう。
Windows 11にもリボンインタフェースのエクスプローラーが実装されている?(2) Windows 11にもリボンインタフェースのエクスプローラーが実装されている?(2)
リボンインタフェースのエクスプローラーで[デスクトップ]フォルダが開いた状態となる。

 ただ、残念ながら最初からこの状態でエクスプローラーを起動する設定はないようだ([設定]アプリで切り替えられるようになるといいのだが)。Windows 10風のエクスプローラーを使うために、毎回[Windowsツール]を開いてから、フォルダを上がっていくのは実用的ではない。

 実は、レジストリを編集することで、Windows 11でも、Windows 10と同様のリボンインタフェースを採用したエクスプローラーが常に起動するようになる。その方法を紹介しよう。

レジストリを編集してWindows 10風のエクスプローラーにする

 Windows 10風のエクスプローラーに設定できるレジストリキーは2つある。結果は同じなので、やりやすい方を選択してほしい。

[注意]

レジストリに不正な値を書き込んでしまうと、システムに重大な障害を及ぼし、最悪の場合、システムの再インストールを余儀なくされることもあります。レジストリエディターの操作は慎重に行うとともに、あくまでご自分のリスクで設定を行ってください。何らかの障害が発生した場合でも、本編集部では責任を負いかねます。ご了承ください。


方法1:「Shell Extensions」キーでエクスプローラーをWindows 10風にする

 [Windows]+[R]キーで[ファイル名を指定して実行]ダイアログを開き、「regedit」と入力して、[Enter]キーを押し、レジストリエディターを起動する。

 レジストリエディターが起動したら、以下のキーを作成する(「Shell Extensions」キーの下に「Blocked」キーを作成する)。Blockedキーが作成できたら、右ペインの空いているところを右クリックし、[新規]−[文字列値]を選択し、値を作成する。値の名前は、「{e2bf9676-5f8f-435c-97eb-11607a5bedf7}」とし、値のデータには何も入力しない状態にしておく。

 サイン中のユーザーのみWindows 10風のエクスプローラーにしたいのであれば、「HKEY_LOCAL_MACHINE」ではなく、「HKEY_CURRENT_USER」を編集すること。「HKEY_CURRENT_USER」の場合は、Windows 11の再起動は不要で、後述するエクスプローラーの再起動のみで設定が反映できる。

項目 内容
キー(全ユーザー) HKEY_LOCAL_MACHINEの\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Shell Extensions\Blocked
キー(サインイン中のユーザー) HKEY_CURRENT_USER の\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Shell Extensions\Blocked
値の名前 {e2bf9676-5f8f-435c-97eb-11607a5bedf7}
文字列値(REG_SZ)
値のデータ (なし)
Windows 10風のエクスプローラーにするレジストリキー(1)

レジストリキーを編集してWindows 10風のエクスプローラーにする(1) レジストリキーを編集してWindows 10風のエクスプローラーにする(1)
レジストリエディターで「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Shell Extensions」キーを右クリックし、[新規]−[キー]を選択する。
レジストリキーを編集してWindows 10風のエクスプローラーにする(2) レジストリキーを編集してWindows 10風のエクスプローラーにする(2)
作成したキーの名前を「Blocked」に変更し、右ペインの空いているところを右クリックして、[新規]−[文字列値]を選択する。
レジストリキーを編集してWindows 10風のエクスプローラーにする(3) レジストリキーを編集してWindows 10風のエクスプローラーにする(3)
作成した文字列値の名前を「{e2bf9676-5f8f-435c-97eb-11607a5bedf7}」に変更する。

 編集が終了したら、Windows 11を再起動する。これでWindows 10風のエクスプローラーが常に起動するようになる。

再起動後にWindows 10風のエクスプローラーになる 再起動後にWindows 10風のエクスプローラーになる
再起動すると、リボンインタフェースを持つWindows 10風のエクスプローラーになる。

 コマンドでレジストリキーを編集したいのであれば、[スタート]ボタンを右クリックするか、[Windows]+[X]キーを押して、クイックリンクメニュー(WinXメニュー)を開き、[Windowsターミナル(管理者)]を選択して、管理者としてWindowsターミナルを開く。以下のコマンドをコピーして、Windowsターミナル上で貼り付け、[Enter]キーを押して実行すればよい。「この操作を正しく終了しました。」と表示されたらレジストリキーの変更が反映されている。後はWindows 11を再起動すればよい。

 サイン中のユーザーのみWindows 10風のエクスプローラーにしたいのであれば、「HKLM」ではなく、「HKCU」に書き換えて実行すること。

reg add "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Shell Extensions\Blocked" /v "{e2bf9676-5f8f-435c-97eb-11607a5bedf7}" /t REG_SZ /f


Windows 10風のエクスプローラーにするコマンド(1)

コマンドでレジストリを編集する(1) コマンドでレジストリを編集する(1)
[スタート]ボタンを右クリックして、クイックリンクメニューを開く。ここの[Windowsターミナル(管理者)]を選択する。
コマンドでレジストリを編集する(2) コマンドでレジストリを編集する(2)
管理者としてWindowsターミナルが起動するので、上記のコマンドを実行する。「この操作を正しく終了しました」と表示されたら、レジストリの書き込みが正しく行われている。

 なお、元のエクスプローラーに戻したい場合は、レジストリエディターで上記のレジストリキーを開き、「Blocked」キーを右クリックし、[削除]を選択すればよい。

 コマンドで削除する場合は、管理者権限でWindowsターミナルを起動し、以下のコマンドを実行すればよい。

reg delete "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Shell Extensions\Blocked" /f


Windows 11のエクスプローラーに戻すコマンド(1)

 後はWindows 11を再起動すると、オリジナルのエクスプローラーに戻る。

方法2:「CLSID」キーでエクスプローラーをWindows 10風にする

 サインイン中のユーザーのみWindows 10風のエクスプローラーにするのでよければ、「CLSID」キーを編集する方法もある(この方法は、全ユーザーが対象になる「HKEY_LOCAL_MACHINE」側の同じキーは編集できないので注意してほしい)。それには以下のようにレジストリキーを設定する。

項目 内容
キー HKEY_CURRENT_USERの\Software\Classes\CLSID\{d93ed569-3b3e-4bff-8355-3c44f6a52bb5}\InprocServer32
値の名前 (既定)
文字列値(REG_SZ)
値のデータ (空文字列)
「(値の設定なし)」ではなく空の文字列を指定すること
サインイン中のユーザーのみWindows 10風のエクスプローラーに切り替えるためのレジストリキー

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。