ニュース
» 2021年12月20日 08時00分 公開

DX推進の阻害要因は“管理職のITリテラシー不足” リンクアカデミーが「企業のDX推進における課題」を調査「プロジェクト推進力」「データ分析力」よりもITスキルを重要視

リンクアカデミーは、「企業のDX推進における課題」に関する調査の結果を発表した。経営者は「管理職のITリテラシー不足など『人的阻害要因』のせいで思うように進んでいない」と考えていることが分かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 リンクアカデミーは2021年12月16日、「企業のDX推進における課題」に関する調査の結果を発表した。それによると、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進を加速させたいと考える経営者は多いものの、「管理職のITリテラシー不足など『人的阻害要因』のせいで思うように進んでいない」と考えていることが分かった。

 この調査は従業員300人以上の企業に勤める経営者と管理職を対象に実施し、計1106人(経営者500人、管理職606人)から有効回答を得た。

経営者の35.8%が「管理職のスキルが足りない」と考えている

 DXの推進に関する意識について聞くと「自社のDX推進を加速させ、業績アップを図りたい」と考えている経営者は86.8%だった。しかし、DXの進捗(しんちょく)状況については「全社的にDXが進んでいる」と回答した割合は23.2%にとどまった。リンクアカデミーは「DX推進が全く進んでいない企業が3割以上あり、DXへの意識は高いものの、実際にDXを推進する上での障壁があるようだ」と分析する。

 DX推進を阻害する人的要素(人的阻害要因)について聞くと、経営者の35.8%が「管理職のシステム企画・推進・対応能力(ITリテラシー)不足」と回答した。他の要素では「経営トップの意思決定の遅れ」(27.4%)や「ベテランスタッフのシステム対応能力(ITリテラシー)不足」(11.4%)などが挙がった。

画像 DX進捗を妨げる人的要因は何か(提供:リンクアカデミー

 リンクアカデミーによると「DXを推進する鍵は管理職にあると考える経営者は多い」という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。