ニュース
» 2021年12月22日 08時00分 公開

非導入企業に比べてAI導入企業の「自社開発や内製化の割合」は高い AI insideがAI活用に関する調査結果を発表65.7%の企業が「AI活用を進めていない」

AI insideは、DX推進のためのAI活用やAIの内製化、AI人材の育成状況に関する調査結果を発表した。AIソリューションを導入している企業のうち自社開発に取り組んでいる割合は37.2%。人材不足が課題として挙がった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 AI insideは2021年12月21日、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進を目的としたAI(人工知能)の活用や内製化、人材育成に関する調査結果を発表した。それによると、AIソリューション(AIを利用した製品やサービス)を導入している企業のうち、自社開発に取り組んでいる企業の割合は37.2%だった。

 この調査の目的は、企業や団体が実施している「DX推進を目的としたAIの活用や内製化、人材育成」の進捗(しんちょく)状況を把握すること。全国の20〜59歳のビジネスパーソンを対象に実施し、2000人から有効回答を得た。

AIソリューション導入企業で自社開発や内製化が活発化

 DX推進やAI活用の状況について聞くと、65.7%の企業が「AI活用を進めていない」と回答した。これに対し「AIを活用している」(「AIを活用して新たな価値創出ができている」「AIを活用して新たな価値創出を目指している」「AIを業務効率化の範囲で活用している」)と回答した割合は、合計で17.8%だった。

画像 DX推進とAI活用の状況(提供:AI inside

 システムの内製化について聞くと、AI活用と同様に自社開発や内製化に取り組む企業は少数派だった。「内製化を行っていない」と回答した割合は全体の62.7%。「自社開発を行い、内製化に取り組んでいる」は11.5%、「開発は外注だが、今後は自社開発を検討している」は8.2%だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。