連載
» 2022年05月27日 05時00分 公開

【 Set-AzureADUser 】コマンドレット――Azure Active Directoryユーザーの属性を変更するWindows PowerShell基本Tips(32)

本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「Set-AzureADUser」コマンドレットを解説します。

[国井傑,株式会社エストディアン]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Windows PowerShell基本Tips」のインデックス

連載目次

 本連載では、Windows PowerShellの基本的なコマンドレットについて、基本的な書式からオプション、具体的な実行例までを分かりやすく紹介していきます。今回は「Azure Active Directory」(Azure AD)に作成されたユーザーの属性を変更する「Set-AzureADUser」コマンドレットです。

Set-AzureADUserコマンドレットとは?

 「Set-AzureADUser」は、PowerShellを利用してAzure ADユーザーの属性を変更するコマンドレットです。Azure ADユーザーの属性はブラウザ(Azure AD管理センター)からも変更できますが、複数のユーザーに対しては、Set-AzureADUserコマンドレットを利用することで簡単に一括変更できるようになります。

 なお、Set-AzureADUserコマンドレットは、本連載第30回で解説した「Connect-AzureAD」コマンドレットを利用してAzure ADに接続していることが前提条件になります。

Set-AzureADUserコマンドレットの書式

Set-AzureADUser [オプション]


Set-AzureADUserの主なオプション

オプション 意味
-ObjectId 属性変更するAzure ADユーザーを指定する
-AccountEnabled ユーザーの有効/無効を設定する。省略可能
-JobTitle ユーザーの役職属性を設定する。省略可能
-UsageLocation ユーザーの利用場所属性を設定する。省略可能


特定のユーザーを有効化する

 Set-AzureADUserコマンドレットでは、「-ObjectId」オプションで設定を変更するユーザー名(UPN)を指定し、さらに「-AccountEnabled」オプションを指定することで、無効なユーザーを有効化させることができます(画面1)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。