ニュース
» 2022年03月23日 08時00分 公開

「マネジャーが『板挟み』の状態では従業員の期待に応えられない」 マイクロソフトがテレワークに関する調査結果を発表57%が「職場での孤独感が強まった」

日本マイクロソフトは、リモートワークに関する年次調査結果「2022 Work Trend Index “大きな期待:ハイブリッドワークを成功させるには”」を発表した。日本において「ハイブリッドワーク移行前よりも職場での孤独感が強まった」と回答した割合は57%だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 日本マイクロソフトは2022年3月18日、31カ国の3万1000人を対象にしたリモートワーク(テレワーク)に関する年次調査結果「2022 Work Trend Index “大きな期待:ハイブリッドワークを成功させるには”」を発表した。同社は対象者への調査の他に「Microsoft 365」の利用傾向やLinkedInの求人市場トレンドなども分析しており、「そこから5つの知見が得られた」という。

1.従業員は新しい「価値の方程式」を持つ

 調査結果によると、「仕事よりも健康やウェルビーイングを優先する人」の割合が53%(日本では37%)を占めた。日本マイクロソフトは「仕事に対する人々の考えが変化しており、仕事のやり方や場所、時間、仕事をする理由が変わっている」と分析している。

2.マネジャーは板挟みになっていると感じている

 今後1年以内に「テレワークまたはハイブリッドワークへの移行を検討している」という従業員の割合は52%(日本では31%)だった。一方、今後1年以内に「従業員にフルタイムでの対面勤務を求める予定だ」と回答した経営幹部の割合は50%(日本では42%)だった。

画像 勤務形態に関する認識のずれ(提供:日本マイクロソフト

 日本マイクロソフトによると、こうした経営幹部と従業員の考え方のずれはマネジャーも認識しているという。「経営幹部の行動が従業員の期待とずれていると感じている」と回答したマネジャーの割合は54%、「自分のチームに変化をもたらすために必要な影響力やリソースを持っていない」と感じているマネジャーは74%だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。