ニュース
» 2022年05月10日 08時00分 公開

経済産業省が“企業のAI実装を疑似的に体験できる教材”の提供を開始企業でのAI活用のニーズが高い領域に注目

経済産業省は、教育機関や企業などに向けてAI人材育成用「AI Questデータ付き教材」を提供する。プログラミングやAIモデルの構築に加え、実際の企業のAI実装を疑似的に体験できる教材になっている。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 経済産業省は2022年5月9日、教育機関や企業などに向けてAI(人工知能)人材育成用「AI Questデータ付き教材」を提供すると発表した。企業におけるAI実装に必要なスキルをまとめて学習できる構成となっている。

画像 「AI Questデータ付き教材」の概要

7つのスキルを疑似的に体験学習できる

 「AI Quest」(課題解決型AI人材育成事業)とは、経済産業省が進める、AI人材育成での講師不足などの問題解決を目指した取り組みのこと。AI Questデータ付き教材は2021年にも提供されており、経済産業省によると18の自治体や教育機関、民間企業で利用されたという。

 2022年版は新たに3つのテーマの教材「製造業における工数予測」「製造業における不良箇所自動検出」「製造業における予知保全」を追加しており、それぞれの教材で必要な知識「AI導入テーマの選定」「プロジェクトマネジメント」「システム実装」について学べる補助教材も作成している。

 学習できるスキルは以下の7つ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。