連載
» 2022年05月31日 05時00分 公開

サポート期限は大丈夫ですか? Windows、Windows Server、SQL Server、Office、IEの最新ライフサイクル情報を確認せよ企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(125)

2022年5月から数カ月、WindowsおよびMicrosoftテクノロジーの製品ライフサイクルの終了が続きます。また半年後には、Windows 8.1とWindows Server 2012/2012 R2のライフサイクル終了が控えています。Windows 11や最新のOfficeアプリのリリース以降、サービスチャネルやサービス期間の変更もあります。最新情報をいま一度、確認しておきましょう。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内

※Microsoftの製品およびサービスのサポートライフサイクルについては、『製品およびサービスのライフサイクル情報の検索』サイトで最新情報を検索できます。


Windows 10/11(一般提供チャネル)

 「Windows 11」は、年1回の機能更新プログラムが配布される「一般提供チャネル(General Availability Channel)」で提供され、HomeとProエディションは24カ月、EnterpriseとEducationエディションは36カ月のサポートが提供されます。

 これまで「半期チャネル(Semi-Annual Channel、SAC)」で提供されてきた「Windows 10」もバージョン21H2以降、年1回の一般提供チャネルに移行しましたが、現時点では各バージョンのサポート期間(Home/Proは18カ月、Enterprise/Educationは30カ月)に変更はありません。

 Windows 10は現在、Windows 10 バージョン20H2以降(Home/Proは21H1以降)がサポートされています。ただし、デスクトップアプリとしての「Internet Explorer(IE)11」のWindows 10(一般提供チャネル)上での実行は、「2022年6月14日」で終了します。また、製品としてのWindows 10(一般提供チャネル)は、「2025年10月14日」で提供終了になることにも留意してください。

製品 バージョン 提供終了日
Windows 11 Enterprise/Education 21H2 2024年10月8日
Windows 11 Home/Pro 21H2 2023年10月10日
Windows 10 Enterprise/Education
(2025年10月14日、提供終了)
21H2 2024年6月11日
21H1 2022年12月13日
20H2 2023年5月9日
1909 2022年5月10日(既に終了)
Windows 10 Home/Pro
(2025年10月14日、提供終了)
21H2 2023年6月13日
21H1 2022年12月13日
20H2 2022年5月10日(既に終了)
Windows 10上のInternet Explorer 11 11 2022年6月14日(間もなく終了)
表1 Windows 10およびWindows 11の一般提供チャネルの最新ライフサイクル情報

Windows 8.1/10(LTSC)

 Windows 10には、数年ごとに固定ライフサイクルポリシー(通常、メインストリーム5年+延長サポート5年)に基づいて「長期サービスチャネル(Long Term Servicing Channel、LTSC)」がリリースされます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。