ニュース
» 2022年07月14日 08時20分 公開

AWS、クラウド上に企業のWANを構築できる「AWS Cloud WAN」の一般提供を開始セグメンテーションも可能

AWSが、クラウド上に企業のWANバックボーンを構築できる「AWS Cloud WAN」の一般提供を開始した。クラウド管理コンソールで設定でき、セグメンテーションも可能。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Amazon Web Services(AWS)は2022年7月12日(米国時間)、企業がAWSにWANバックボーンを構築できる「AWS Cloud WAN」の一般提供を開始した。東京を含む17のリージョンで利用できるようになっている。このサービスについては、2021年11、12月に開催の「AWS re:Invent」で、プレビュー提供が発表されていた。

 Cloud WANはマネージドWANサービス。「AWS Direct Connect」「AWS Site-to-Site VPN」やSD-WANなどを活用し、企業の本社やその他の事業拠点、AWSの複数リージョンにおけるVPCを相互接続できる。AWSの内部ネットワークが、グローバルWANバックボーンとして機能する。

 Cloud WANはAWSの他のサービスと同様に、AWS管理コンソールで構成・設定、運用ができる。この容易さと統合性が、新サービスのポイントとなる。

 「Cloud WANでは、ネットワーキング担当チームが任意の回線事業者を通じ、AWSへの接続を行えば、その後はダッシュボード上でさまざまな拠点やネットワークを接続し、統合ネットワークを構築できる。これにより、異なる技術に基づくネットワークが混在していても、それぞれを個々に設定し、管理する必要がなくなる。Cloud WANではオンプレミスとAWSのネットワークを統合的に把握し、ネットワーク全体の稼働状態、セキュリティ、パフォーマンスを可視化できる」(発表ブログポストより、以下同)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。