ニュース
» 2022年07月22日 08時00分 公開

「Objective-C」が最も時給が高い開発言語に選ばれる理由とは overflowがデジタル人材の時給調査プログラミング言語、ミドルウェアスキル、インフラスキル別の平均時給を紹介

overflowは、デジタル人材の副業と複業の時給に関するレポートを発表した。プログラミング言語別では「Objective-C」、インフラ別では「Kubernetes」の平均時給が高かった。同社は「需要に対して供給が追い付いていないスキルを持っている人材は、金額が高い傾向にある」と分析している。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 overflowは2022年7月21日、デジタル人材の副業と複業の時給に関するレポートを発表した。これは、同社が運営する複業転職プラットフォーム「Offers」の1万4328人のデータをスキル別に集計し、平均時給と成約件数を求めたもの。

 同社はレポート作成の背景について「ITエンジニアの働き方は変化しており、副業や複業の拡大、就業形態の見直しなどが起こっている。しかし、いざITエンジニアを採用しようとしても『時給の相場が分からない』『スキルによっても価格をどのくらいにすればいいのか分からない』という企業が多い。こうした企業を支援するため、レポートを作成した」としている。

コンテナ関連技術やIaCなどのスキルに注目が集まる

画像 最も時給が高いプログラム言語はObjective-C(提供:overflow

 プログラミング言語別に平均時給を見ると、上位5つは「Objective-C」(5126円)、「Swift」(4840円)、「C」(4800円)、「C++」(4671円)、「Ruby」(4655円)の順だった。overflowは「OffersにはSwiftの案件が多いが、その中でもObjective-Cの評価が高い。Objective-Cを使える人材は長い間iOSアプリケーションに関わっていることが多く、それが平均時給に影響している」と分析している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。