ニュース
» 2022年07月25日 18時15分 公開

5G Advancedと6Gで何が変わるか、次は企業向け市場にフォーカス消費者向け市場よりも企業向け市場にメリットあり

調査会社ABI Researchが、「5G」のこれまでの発展と、5Gの進化形となる「5G Advanced」の詳細な分析をまとめたホワイトペーパーを公開した。6Gについても触れている。5Gはほぼ消費者向け市場に限って受け入れられており、5G Advancedは企業向け市場に役立つ機能が盛り込まれる見込みだという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 調査会社ABI Researchは2022年7月14日(米国時間)、高速な通信が可能な「5G」のこれまでの発展と、5Gの進化形となる「5G Advanced」の詳細な分析をまとめたホワイトペーパー「Is the Industry - and the World - Ready for 5G Advanced?」を公開した。

 このホワイトペーパーは、「5G技術が消費者市場と企業市場の両方で、新たなビジネス機会を生み出すという約束を十分に果たしていない理由」に続き、「5G Advancedへの進化」「5G Advancedの主要機能と期待されるユースケース」「5Gの将来の成功に不可欠な5G Advanced」「通信会社と一部の業界に対するABI Researchの戦略的な推奨事項」について論じている。

 以下では、その中から「5G Advancedのサービス開始時期と5Gの現状」「5G Advancedで期待されるマイルストーン」「5G Advancedがもたらすビジネス機会」「5G Advancedの商用化と6Gへの道」を取り上げて紹介する。

5G Advancedのサービス開始時期と5Gの現状

 5G Advancedは、無線技術の標準化団体3GPPが策定する5G標準仕様の「Release 18」以降で規定される予定だ。ABI Researchは5G Advancedの商用サービスが、Release 18仕様の凍結予定日の2年後となる2025年に開始されると予想している。

 2030年までに消費者向けのパブリックネットワークでは、5G基地局の75%が5G Advancedにアップグレードされる見通しだ。その内訳は無線アクセスが7600万台、マクロベースバンドが2300万台、スモールセルが1300万台だ。企業向けネットワークでは、5G Advancedの導入はより遅いペースで進み、2030年までに半数(1400万台)のスモールセルが5G Advancedにアップグレードされると予想されている。

世界市場における2021〜2030年のパブリックネットワーク用5G Advanced基地局数(インフラタイプ別)(提供:ABI Research)

 こうした動向は、これまでの5Gの目覚しい進化と、残念な状況の両方を示している。5Gは、スピードと容量の前例のない向上により、3Gや4Gなどの移動通信システムの世代において、既に最も急成長しているといえる。だが、成長のほぼ全てが消費者市場に集中している。5Gの現在の価値提案では、企業はサービスを十分に享受しておらず、企業市場に5Gを浸透させるのは困難だ。

 5Gの導入開始から3年が経過した今、5G技術と業界は岐路に立たされている。5Gによる変革を実現し、市場を拡大して収益向上につなげるためにはどうすればよいのか。通信事業者はデータプランとSIMカードの販売にとどまらず、新しいユースケースの実現と企業へのメリット提供に真剣に取り組まなければならない。

 そのための鍵となるのが5G Advancedだ。5G Advancedは、企業における展開とイノベーションに適した機能とツールを提供する。その中には高精度の5G測位、インフラに依存せず端末のみでつながる高度なサイドリンクデバイス間(D2D)通信の他、IoT向けの手ごろで柔軟な「Reduced Capability New Radio」(RedCap)、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)、ARやVRなどを含む「Extended Reality」(XR)についてさまざまなユースケースのサポートなどが含まれる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。