ニュース
» 2022年08月08日 08時00分 公開

テレワーク普及で“学習できない理由”が消えた――リクルートが会社員の学びに関する実態調査テレワークで学びの機会は増加

リクルートマネジメントソリューションズは、「リモート下の会社員の学びに関する実態調査」の結果を発表した。テレワーク下での学びの機会は増加傾向にあることが分かった。同社は、テレワークに、意欲の高い会社員の学びを促進する効果があるとしている。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 リクルートマネジメントソリューションズは2022年8月5日、「リモート下の会社員の学びに関する実態調査」の結果を発表した。

 この調査は、従業員数300人以上の企業に勤める「コロナ禍に入ってから現在まで同じ会社に勤務し、コロナ禍以降にテレワークの頻度が週または月の半分以上に増えた人」を対象に実施し、832人から有効回答を得た。

学びの時間はテレワークでも変わらない

 コロナ禍で「学びの資源」(仕事に関する学びに使える時間と社内、社外の対人ネットワーク)がどう変化したのか聞くと、どちらも「あまり変わらない」と回答した人が最も多かった。ただ、「仕事に関する学びに使える時間」を見ると約半数が増加、対人ネットワークでは約半数が減少していた。

画像 学びの資源の変化(提供:リクルートマネジメントソリューションズ

「上司と部下の間の1on1ミーティング」が増加

 過去1年で経験した学習機会の割合と機会が増えた割合を、それぞれ「経験度」と「増加度」としてクロス集計したところ、テレワーク下で増加した学習機会の傾向が分かった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。