連載
» 2022年08月23日 05時00分 公開

Windows 11のISOファイルをダウンロードして、インストール用USBメモリを作成するTech TIPS

Windows 11のISOファイルをダウンロードする方法を紹介しよう。仮想マシンにインストールする際や、複数のインストール用USBメモリを作成する場合などにISOファイルを使うと便利だ。特に、書き込みツールを使ってISOファイルからインストール用USBメモリを作成すると、Windows 11未対応のPCにインストール可能なインストール用USBメモリの作成が行える。

[小林章彦デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 11


Windows 11のISOファイルをダウンロードしてインストール用USBメモリを作る Windows 11のISOファイルをダウンロードしてインストール用USBメモリを作る
Windows 11のメディア作成ツールを使うことで、インストール用USBメモリの作成やISOファイルのダウンロードができる。ただ、複数のインストール用USBメモリを作成したいような場合は、フリーソフトウェアの書き込みツールを使った方が素早く作成できる。その方法を紹介しよう。

 Windows 11を新規インストールしたり、クリーンインストールしたりする際、Windows 11のメディア作成ツールでインストール用USBメモリを作成すると便利だ。ただ、複数のインストール用USBメモリを作成する場合は、メディア作成ツールを使わず、直接ISOファイルをダウンロードして、これをツールを使ってUSBメモリに書き込んだ方が素早く作成できる。

 本Tech TIPSでは、Windows 11のISOファイルをダウンロードして、インストール用USBメモリを作成する方法を紹介する。なお、ダウンロードできるISOファイルは、Windows 11のx64版のみである。Arm版は提供されていないので注意してほしい。

Windows 11のISOファイルをダウンロードする

 Windows 11のISOファイルは、メディア作成ツールでダウンロードしたり、以下のWebページから直接ダウンロードしたりできる。なお、メディア作成ツール自体も、以下のWebページからダウンロード可能だ。

 以下、メディア作成ツールを使う方法と、直接ダウンロードする方法をそれぞれ紹介しよう。

メディア作成ツールでISOファイルをダウンロードする

 上記のWebページを開き、「Windows 11のインストールメディアを作成する」欄にある[今すぐダウンロード]ボタンをクリックし、「MediaCreationToolW11.exe」をダウンロードする。

メディア作成ツールをダウンロードする メディア作成ツールをダウンロードする

 「MediaCreationToolW11.exe」を実行すると、メディア作成ツールが起動し、「Windows 11セットアップ」というタイトルのウィザードが開く。

 最初にライセンス条項に同意する。次の画面で、「言語とエディションの選択」画面では、インストールするWindows 11の言語とエディション(Windows 11)を確認する。異なる言語などが設定されていた場合、「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックを外し、言語を選択する。エディションは、「Windows 11」から変更できない。

 次の画面では、直接インストール用USBメモリを作成するか、ISOファイルをダウンロードするかの選択が行える。ここで、「ISOファイル」を選択すると、インストール用USBメモリは作成せずに、ISOファイル(Windows 11のイントールイメージ)のみがダウンロードできる。複数のインストール用USBメモリを作成したり、仮想マシンにインストールしたりする場合は、ISOファイルを選択すればよい。

 なお、インストール用USBメモリを作成するには、8GB以上のUSBメモリが必要になるので注意してほしい(Windows 11のインストールイメージは4GB以上あるため)。

 [次へ]ボタンをクリックすると、[パスの選択]ダイアログが開くので、ここで保存先を選択し、[保存]ボタンをクリックすると、ダウンロードが開始される。なお、ファイル名は「Windows.iso」となっているので、後から何のバージョンなのか分かるように「Windows11_21H2.iso」などのようにファイル名を変更しておくとよい。

 ダウンロードが完了すると、「ISOファイルをDVDにコピーしてください」画面が表示されるので、[完了]ボタンをクリックして、ウィザードを閉じればよい。

メディア作成ツールでISOファイルをダウンロードする(1) メディア作成ツールでISOファイルをダウンロードする(1)
メディア作成ツール(MediaCreationToolW11.exe)を起動すると、[Windows 11セットアップ]ウィザードが起動する。最初の画面で、ライセンス条項を確認して、[同意]ボタンをクリックする。
メディア作成ツールでISOファイルをダウンロードする(2) メディア作成ツールでISOファイルをダウンロードする(2)
「言語とエディションの選択」画面では、実行しているWindows OSに合わせた「言語」が選択される。「言語」が異なる場合は、「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックを外して、「言語」で[日本語]を選択する。
メディア作成ツールでISOファイルをダウンロードする(3) メディア作成ツールでISOファイルをダウンロードする(3)
ここでは「ISOファイル」を選択すればよい。直接インストール用USBメモリを作成したい場合は、「USBフラッシュドライブ」を選択すればよい。
メディア作成ツールでISOファイルをダウンロードする(4) メディア作成ツールでISOファイルをダウンロードする(4)
ISOファイルの保存先フォルダを選択する。ここでファイル名にバージョン番号などを加えておくと、後からバージョンなどを間違えなくて済む。
メディア作成ツールでISOファイルをダウンロードする(5) メディア作成ツールでISOファイルをダウンロードする(5)
ダウンロードが完了すると、この画面が表示されるので、[完了]ボタンをクリックする。不要なファイルなどが削除される。

MicrosoftのWebサイトから直接ISOファイルをダウンロードする

 Windows 10までは、ISOファイルをダウンロードするには、上述のメディア作成ツールの利用が必要であった。

 これがWindows 11からは、上記の「Windows 11をダウンロードする」ページから直接ISOファイルのダウンロードが可能になっている。

 「Windows 11ディスクイメージ(ISO)をダウンロードする」欄の「ダウンロードを選択」のプルダウンリストで[Windows 11(multi-edition ISO)]を選択し、[ダウンロード]ボタンをクリックする。「製品の言語の選択」欄が表示されるので、ここで[日本語]などのWindows 11の「言語」を選択する。[確認]ボタンをクリックすると、「ダウンロード」欄が表示されるので、[64-bitダウンロード]ボタンをクリックする(Windows 11では、64ビット版しか提供されていないので、32ビット版の選択は行えない)。

 これで、Webブラウザで指定しているダウンロードフォルダにISOファイルがダウンロードされる。

ISOファイルを直接ダウンロードする(1) ISOファイルを直接ダウンロードする(1)
Windows 11をダウンロードする」ページを開き、「Windows 11ディスクイメージ(ISO)をダウンロードする」欄までスクロールする。「ダウンロードを選択」のプルダウンリストで[Windows 11(multi-edition ISO)]を選択し、[ダウンロード]ボタンをクリックする。
ISOファイルを直接ダウンロードする(2) ISOファイルを直接ダウンロードする(2)
「製品の言語の選択」では[日本語]を選択し、[確認]ボタンをクリックする。
ISOファイルを直接ダウンロードする(3) ISOファイルを直接ダウンロードする(3)
[64-bitダウンロード]ボタンをクリックすると、ダウンロードが開始される。マルチエディションとなるため、メディア作成ツールでダウンロードできるISOファイルよりもファイルサイズは大きく、5GB程度となる。

ISOファイルからインストール用USBメモリを作成する

 前述の通り、メディア作成ツール(MediaCreationToolW11.exe)を使うと、インストール用USBメモリの作成が可能だ。ただ、既にISOファイルをダウンロードしていたり、複数のインストール用USBメモリが必要だったりする場合、フリーソフトウェアのUSB書き込みツール「Rufus(ルーファス)」などを利用した方が素早く作成できる(メディア作成ツールでは、毎回ISOファイルのダウンロードが行われるため)。

 そこで、ここからはRufusを使ったインストール用USBメモリの作成方法を紹介しよう。

RufusでWindows 11のインストール用USBメモリを作成する

 まず、以下のWebページを開き、「ダウンロード」欄の最新のバージョンをクリックすると、Rufusがダウンロードできる。Rufusはインストール不要で、ダウンロードしたファイルでツールが起動できる。

  • Rufus(Pete Batard氏)

 比較的小まめにアップデートされており、原稿執筆時点の最新版は「Rufus 3.20」である。

Rufusをダウンロードする Rufusをダウンロードする

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。