Pythonが平均1.22倍高速化、メジャー安定版「Python 3.11」の機能向上とはPython 3.10から平均1.22倍高速化

Pythonの最新のメジャー安定版リリース「Python 3.11.0」が公開された。多くの新機能を提供し、多くの最適化が施されている。

» 2022年10月26日 11時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 プログラミング言語「Python」を開発するPython Software Foundationは2022年10月24日(米国時間)、Pythonの最新のメジャー安定版リリース「Python 3.11.0」を公開した。

 Python 3.11.0では多くの新機能が導入され、多くの最適化が施されている。Python Software Foundationは主要な新機能と変更点を、一般的な変更点と、型付けおよび型付け言語の変更点に大別して紹介している。なお、以下の「PEP」で始まる番号は、Pythonの拡張提案を記した文書の通し番号を指す。PEPは、Python Enhancement Proposalの略。また、「gh-」で始まる番号は、GitHubのプルリクエスト番号を指す。

一般的な変更点

PEP 657:トレースバックにエラーの場所の詳細が追加

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。