「スサノオ・フレームワーク」に「アジャイル開発の家」 有識者でも気になる「DXの手引書」が完成IPAが「DX実践手引書 ITシステム構築編」の完成版を公開

IPAは、「DX実践手引書 ITシステム構築編」の完成版を公開した。DX実践の課題を克服した事例やAPIの活用事例、API全体管理やアジャイル開発といった技術要素の解説を追記した。

» 2022年10月31日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 情報処理推進機構(IPA)は2022年10月26日、「DX実践手引書 ITシステム構築編」の完成版を公開した。IPAが2021年11月に公開したものに、DX(デジタルトランスフォーメーション)を実践する際の課題を克服した事例やAPI全体管理、アジャイル開発といった技術要素の解説を追記した。

画像 「DX実践手引書 ITシステム構築編」の完成版の表紙(提供:IPA

先進的な取り組みをしている企業の事例を分析

 完成版の追記、変更点は主に3つ。

DXが進んでいる企業の“試行錯誤の記録”を紹介

 DXを先進的に進めている企業でも、最初から問題なく進んだわけではなく、試行錯誤を繰り返し、乗り越えたケースが多い。このことからIPAは、DX先進事例5社にヒアリング調査を実施し、ぶつかった課題とそれを乗り越えるための取り組みとその結果を整理した。システム開発の課題や社内変革の“地盤固め”に関する課題を克服した事例として、作業の内容記録を手書きで倉庫に保管していた企業が、外部リソースの活用と、それによる新しい開発手法の適用によってDXを実現した例などを図を使って解説している。

画像 DXを実践したA社の事例解説(提供:IPA

アジャイル開発の概要や効果、考慮点を「アジャイル開発の家」で解説

 アジャイル開発は価値観や原則となっており、さまざまな意味合いを含む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。