【 Get-NetFirewallRule 】コマンドレット―― Windows Defenderファイアウォールのポリシーを取得するWindows PowerShell基本Tips(48)

本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「Get-NetFirewallRule」コマンドレットを解説します。

» 2022年11月04日 05時00分 公開
[後藤諭史@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Windows PowerShell基本Tips」のインデックス

連載目次

 本連載では、Windows PowerShellの基本的なコマンドレットについて、基本的な書式からオプション、具体的な実行例までを分かりやすく紹介していきます。今回は「Windows10」やWindows 11」、Windows Serverに標準搭載されている「Windows Defenderファイアウォール」のポリシーを取得する「Get-NetFirewallRule」コマンドレットです。

Get-NetFirewallRuleコマンドレットとは?

 コンピュータの通信をフィルタリングして、意図しない通信によるセキュリティ侵害を防止する機能がWindows Defenderファイアウォールです。

 Windows Defenderファイアウォールは、送信元アドレスや送信先アドレス、プロトコル、ポート番号といった要素を組み合わせた「ポリシー(ルール)」を設定し、ポリシーに通信の許可/不許可を設定することで通信をフィルタリングします。

 「Get-NetFirewallRule」は、設定されているWindows Defenderファイアウォールのポリシーを取得するコマンドレットです。

 なお、本コマンドレットは、従来コマンドプロンプトで使用していた「netsh」コマンドの「netsh advfirewall firewall show rule」オプション付き実行とほぼ同じものになります。

Get-NetFirewallRuleコマンドレットの書式

Get-NetFirewallRule [オプション]


Get-NetFirewallRuleコマンドレットの主なオプション

オプション 意味
-Name 取得したいポリシー名を指定する。省略可能
-DisplayName 取得したいポリシーの表示名を指定する。省略可能
-Group 取得したいポリシーグループを指定する。省略可能
-DisplayGroup 取得したいポリシーグループの表示名を指定する。省略可能
-Enabled ポリシーの有効/無効を指定する。省略可能
-Direction ポリシーの方向(Inbound/Outbound)を指定する。省略可能
-Action ポリシーのアクション(Allow/Block)を指定する。省略可能


全てのポリシーを取得する

 Get-NetFirewallRuleコマンドレットをオプションなしで実行すると、設定されているポリシーの全てを取得します(画面1)。なお、Get-NetFirewallRuleコマンドレットは管理者権限で実行する必要があります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。