連載
» 2022年11月07日 05時00分 公開

<Edgeの検索設定とは別です>Windows 11タスクバーの検索エンジンをGoogleに設定するTech TIPS

Windows 11の「検索」機能を使ってキーワードを入力、検索を行うと、Microsoft Edgeが起動し、Web検索が実行される。ただ、検索エンジンは必ずBingとなってしまう。Google検索に慣れている人には少々使いにくい。そこで、この検索をGoogle検索にする方法を紹介しよう。

[小林章彦デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 11


なぜか必ずBingでWeb検索が実行されてしまう なぜか必ずBingでWeb検索が実行されてしまう
Windows 11の「検索」機能では、システム内のアプリだけでなく、Web検索を行うことも可能だ。ただし、必ずMicrosoft Edgeが起動し、Bingによる検索が行われる(Microsoft Edgeの既定の検索エンジンをGoogle検索にしていても)。Google検索に慣れた人には少々使いにくいものとなっている。そこで、Bingではなく、Google検索でWeb検索を行えるようにしよう。

 Windows 11では、[スタート]メニューが「ピン留め済み」欄と「すべてのアプリ」欄の2段階となった上、コントロールパネルなどが「すべてのアプリ」欄から直接呼び出せなくなったことから、タスクバーの「検索」機能を使うことが増えているのではないだろうか。

 この「検索」機能は、Windows 11内のアプリを検索するだけでなく、Microsoft Edgeの検索ボックスとしても機能する。例えば、タスクバーの[検索]アイコンをクリックし、[検索]画面の入力ボックスに「アットマークアイティ」と入力、[Enter]キーを押すと、Microsoft Edgeが起動し、「アットマークアイティ」を検索した結果が表示される。

 ただ、Microsoft Edgeの検索エンジンをGoogle検索にしていても、この「検索」機能経由の場合は、検索がBingで実行されてしまう。慣れた検索結果ではないため、使いにくいと感じる人も多いと思う。そこで、「検索」機能経由であっても、Google検索で検索が行われるようにする方法を紹介しよう。

Windows 11の「検索」機能で呼び出されるWebブラウザはMicrosoft Edgeから変更できない

 Windows 11 Trends「なぜMicrosoftはWindows 11で「Microsoft Edge」をここまで強制しようとするのか?」で解説したように、「検索」機能でWeb検索を行うと、必ずMicrosoft Edgeが起動してしまう。

 以前は、「EdgeDeflector」「Search Deflector」といったツールをインストールすることで、起動するWebブラウザをMicrosoft EdgeからGoogle Chromeなどに変更できた。しかし、Windows 11では完全にこれらのツールがブロックされてしまい変更ができなくなっている。

 そのため、残念ながら「検索」機能で呼び出されるWebブラウザを、Microsoft Edgeから変更できない点には注意が必要だ。

「検索」機能はMicrosoft-Edge URIで呼び出しを行う 「検索」機能はMicrosoft-Edge URIで呼び出しを行う
「検索」機能を使って、Microsoft Edgeを呼び出す際、「Microsoft-Edge」という特殊なURIを利用する。このURIを呼び出す既定のアプリはMicrosoft Edgeから変更できなくなっている。そのため、「検索」機能では必ずMicrosoft Edgeが起動する。

「検索」機能で呼び出された場合もGoogle検索で検索されるようにする

 前述の通り、Microsoft Edgeで既定の検索エンジンをGoogle検索に設定していても、Bingで検索が行われてしまう。せめてこれをGoogle検索にできると少しは使い勝手がよくなるはずだ。

 それには、Microsoft EdgeにMarc Guiselin氏が作成した無償の拡張機能「Chrometana Pro」をインストールすればよい。Microsoft Edgeを起動し、以下のURLを開き、[Chromeに追加]ボタンをクリックする。「Chrometana Pro」は、「Edgeアドオン」ページには登録されておらず、chromeウェブストアから追加する必要があるので注意してほしい。

 「"Chrometana Pro - Redirect Cortana and Bing"をMicrosoft Edgeに追加しますか?」と表示されるので[拡張機能の追加]ボタンをクリックして、拡張機能を追加する。

拡張機能「Chrometana Pro」を追加する(1)
Microsoft Edgeを起動し、上述の「Chrometana Pro」ページのURLを入力してchromeウェブストアを開く(Microsoft Edgeの拡張機能からたどるのは手間なので、URLを直接入力するのがよい)。[他のストアからの拡張機能を許可する]ボタンが表示されたら、そのボタンをクリックする。
拡張機能「Chrometana Pro」を追加する(2) 拡張機能「Chrometana Pro」を追加する(2)
[他のストアからの拡張機能を許可する]ダイアログが表示されたら、[許可]ボタンをクリックする。
拡張機能「Chrometana Pro」を追加する(3) 拡張機能「Chrometana Pro」を追加する(3)
「Chrometana Pro」のページに[Chromeに追加]ボタンが表示されるので、これをクリックする。
拡張機能「Chrometana Pro」を追加する(4) 拡張機能「Chrometana Pro」を追加する(4)
「追加しますか?」というダイアログが表示されるので、[拡張機能の追加]ボタンをクリックする。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。