ニュース
» 2022年11月25日 08時30分 公開

起業家の課題、最も男女差が大きかったのは「家庭との両立」 デルが起業に関する意識調査結果を発表約1割の起業家が「年間事業売上規模5億円以上」を達成

デル・テクノロジーズは、起業に関する意識調査の結果を発表した。起業したタイミングは30歳代が最も多く、事業売上規模は1000万円未満が最多だった。「資金調達」と「経営知識の習得」が2大課題として挙がった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 デル・テクノロジーズは2022年11月24日、起業に関する意識調査の結果を発表した。この調査は全国の15歳以上の起業家を対象に実施し、999人から有効回答を得た。

最も多い「起業のきっかけ」は?

 起業した業種を見ると、男女間で違いがあった。女性では「サービス」が24.0%で突出して多く、次いで「不動産」(10.1%)、「IT」(9.4%)が続いた。これに対して男性は、「サービス」(18.9%)、「IT」(16.6%)、「不動産」(11.3%)で半数近くを占めた。年齢別に見ると、20〜30歳代でITの比率が高く、28%に上った。

画像 起業した業種(提供:デル・テクノロジーズ

 起業したときの年齢は、30歳代が男女ともに最も多い。男性は32.1%、女性は32.9%。次いで20歳代で、男性が27.6%、女性が30.7%だった。起業するまでにかかった期間は、3年未満が7割強。1年未満でも半数を超えた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。