「実現したい100のリスト」を作ったら、人生が楽しくなった仕事が「つまんない」ままでいいの?(97)(3/3 ページ)

» 2023年01月18日 05時00分 公開
前のページへ 1|2|3       

3 自分の本心を書き出す

 3つ目は、「自分の本心を書き出す」ことです。

 今回、100のリストを書き出しながら、「これは、本当にやりたいことなのだろうか?」「心の底から、そう思っているだろうか?」ということをすごく考えました。というのも、取りあえずリストに挙げてみたものの、改めて考え直してみたときに、「これは、心底やりたいことなのだろうか?」と、ふと思うことが多かったからです。

 例えば「本を100冊読む」とか「○○までに××の資格を取る」とかいった目標は、ボクも以前はよく立てたのですが、行動が長続きした試しがなくて。なぜかな? と考えるに、「心底やりたい」というよりは、「やらなければいけない」という義務感を抱きがちなんですよね。

 また、本心はそれほど「やりたい」とは思っていないのに、「これからの時代は○○の技術が大切だ」「資格がないと、信用されない」「リスキリングしないと生き残れない」みたいに、周囲からの影響を受けてそう思い込んでいる場合もあります。このような義務的目標では、まったくやる気が起きないし、楽しくありません。

 もちろん、知識を身に付けることも大切だし、資格で自分の信用を高めることも大切です。特に若いときはそうでしょう。

 でも50歳を過ぎたいま、もう、そういうのはいいや。いや、年齢は関係ないかもしれないですね。

 別に、他人に見せるわけではなく、自分のためだけに100のリストを考えるのであれば、素の自分の状態、本心の自分の状態で書き出したいと思ったのです。そこで、項目を挙げるたびに「これは、本当にやりたいことなのだろうか?」「やるべきことを、やりたいと勘違いしていないだろうか?」と、1つずつ吟味しました。

4 ありたい姿も含めて書き出す

 4つ目は、「ありたい姿も含めて書き出す」ことです。

 冒頭で、「30代中盤に、自己啓発書にはまっていたことがある」という話をしました。当時は、「年収○○円」とか「○○の車に乗る」とか、どちらかといえば物欲的なことを書いていた記憶があります。

 でも、50代になったいまは少し違うことに気が付きました。もちろん、物欲的なこともなくはないのですが、「社会を変える暖かい発信を毎日続けている」「いつもご機嫌。ゆったりとしていて、落ち着いている」「年齢にかかわらず、若々しくおしゃれでいる」といった「ありたい姿」もリストに加わっています。そのためか、「そうそう、本当は、こういう気持ちでありたいのだよな」と思いました。

 それは、がんばって「絶対実現するぜ!」といった「目標」よりも、常々、そのような状態でいたいという「理想」のように感じます。「ないものを手に入れる」というよりは、間違いなく、自分の本心から「そのような状態でいたい」のだから、その努力は、がんばらなくても自然とするのではないか、と。そんなふうに感じました。

「実現したい100のリスト」は「人生100のリスト」になった

 50代のいま、実現したい100のリストを書き出してみて、何ていうんだろう? 改めて自分と向き合う良いきっかけになったし、「そうそう、こういうことを実現したいし、こういう気持ちでいたいんだよな」ということが自覚でき、思っていた以上に収穫がありました。表層的ではなく、かなり本質的な自分と向き合うことができました。書き出してみて良かったです。

 こういったことに取り組むには、年始のこの時期はいいきっかけだとは思います。でも、この時期に限らず、取り組んでみてもいいんじゃないかな。少なくとも、ボクにとってこのリストは、「いま、実現したい100のリスト」というよりは、「人生の100のリスト」になりそうです。

 また、60個しか出せていないので、後は楽しみながら書き出していこうと思います。

楽しみが100個もある!

筆者プロフィール

竹内義晴

しごとのみらい理事長 竹内義晴

「仕事」の中で起こる問題を、コミュニケーションとコミュニティーの力で解決するコミュニケーショントレーナー。企業研修や、コミュニケーション心理学のトレーニングを行う他、ビジネスパーソンのコーチング、カウンセリングに従事している。

著書「Z世代・さとり世代の上司になったら読む本 引っ張ってもついてこない時代の「個性」に寄り添うマネジメント(翔泳社)」「感情スイッチを切りかえれば、すべての仕事がうまくいく。(すばる舎)」「うまく伝わらない人のためのコミュニケーション改善マニュアル(秀和システム)」「職場がツライを変える会話のチカラ(こう書房)」「イラッとしたときのあたまとこころの整理術(ベストブック)」「『じぶん設計図』で人生を思いのままにデザインする。(秀和システム)」など。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。