ソフトウェアやクラウドのコストを削減する3つの方法Gartner Insights Pickup(290)

自社が混乱に直面したら、3つのコスト削減対策を検討し、適切な計画を立てる必要がある。

» 2023年02月10日 05時00分 公開
[Lori Perri, Gartner]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

ガートナーの米国本社発のオフィシャルサイト「Smarter with Gartner」と、ガートナー アナリストらのブログサイト「Gartner Blog Network」から、@IT編集部が独自の視点で“読むべき記事”をピックアップして翻訳。グローバルのITトレンドを先取りし「今、何が起きているのか、起きようとしているのか」を展望する。

 企業が経済的な逆風に直面する中、CFO(最高財務責任者)は、ソフトウェアやクラウドなどの高額な複数年契約に注目しそうだ。本稿で挙げる対策により、こうした契約の負担を軽減しながら、メリットを確保すべきだ。

 「ITのソーシングや調達、ベンダー管理(SPVM:Sourcing, Procurement and Vendor Management)のリーダーは、6〜24カ月にわたる財務的な圧力を軽減するために、直ちに行動を起こす必要がある」。Gartnerのアナリストでシニアディレクターのステファン・ホワイト(Stephen White)氏はそう語る。「リーダーは、自社を財務的な混乱から守り、今後、起こり得る事態に備えて、レジリエンス(回復力)を構築しなければならない」

 自社がコストを削減しなければならなくなった場合、ソフトウェアやクラウド契約の費用を節約し、その支払い条件を見直すために、以下の3つの方法を検討すべきだ。

(出所:Gartner)

1.ベンダーに契約の見直しを促す

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。